六本木クロッシング2013展:アウト・オブ・ダウト—旬のアートが背負う時代と社会の最先端

東京の中心地にそびえる六本木ヒルズ森タワー53階にある森美術館。都内最大級の展示スペースを持ち、日々さまざまな展示が催されています。現在開催中の現代アートの展示「アウト・オブ・ダウト」(疑いの外へ)は、3年に一度の周期で開かれているグループ展。赤瀬川原平の風刺画をはじめ、会場に並ぶのは、そのビジュアルを鑑賞するだけでもすばらしい作品ばかりです。ですが、それだけでなく、風間サチコの版画や金氏徹平の彫刻など、時代や社会を映す「鏡」としての役割を強く果たす作品も数多くありました。“アート・コンシェルジュ”が今あなたにおすすめしたい最新の作品展をご紹介するアート連載です。

今回ご案内したいのは、六本木ヒルズ森タワー最上階にある森美術館での、「六本木クロッシング2013展:アウト・オブ・ダウト」です。

都内最大級の展示スペースを持つ同館全体を使って、日本の現代アーティスト29組による大規模グループ展が繰り広げられています。

じつは「六本木クロッシング」と題したグループ展は、2004年以来、3年に1度の周期で開かれています。いま、アートの世界では何が起きているか。そんな問いに応えていこうとの試みを継続しているのです。会場には毎回、これぞ「旬」と呼べる作品が並び、文字通りアートの最先端を知ることができます。

今回もこれまで同様、2013年のいま観るべき作品がそろいました。ただ、多数のアーティストをまとめて紹介するにあたっては、何か共通のテーマがなければ収まりづらい。そこで、くくりとして設定されたのが、「アウト・オブ・ダウト」という言葉です。
直訳すれば「疑いの外へ」といったところですね。意味するところは、次のようなことのようです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
アート・コンシェルジュからの便り

山内宏泰

世に“アート・コンシェルジュ”を名乗る人物がいることを、ご存じでしょうか。アートのことはよく知らないけれどアートをもっと楽しんでみたい、という人のために、わかりやすい解説でアートの世界へ誘ってくれる、アート鑑賞のプロフェッショナルです...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません