親の看取り方#1】経験者600人の声から見えた看取りの教訓

まだまだ元気だと思っていても親の最期は訪れる。看取り経験者600人が明かした苦労や後悔の数々。悔いなく見送るために、今からできることがある。

 まだまだ元気だと思っていても親の最期は訪れる。看取り経験者600人が明かした苦労や後悔の数々。悔いなく見送るために、今からできることがある。

 「あなたのお父さんの体は、もう食べ物を必要としていません。終わりに向けて準備をしています」──。

 北野洋子さん(仮名・47)は2018年6月初め、実父(81)が入居する有料老人ホームの医師から冒頭のように言われ、余命は「長くて3カ月」と告げられた。父は5月末にこのホームに入居したばかり。そしてすぐ、父は食べ物を受け付けなくなった。

 15年前にくも膜下出血で半身マヒとなり、在宅で長年介護をしてきたが、母が疲れてしまい、17年9月に特別養護老人ホーム(特養)に入居した。だが18年4月、最も重度である「ステージ4」の一歩手前の大腸がんが見つかる。高齢で半身マヒの父に手術は難しく、食事と歩行のリハビリを行って退院した。以前の特養からは病状の重さを理由に受け入れを断られたため、今のホームに入った。余命宣告はその直後だった。

最期の思い出作り 30分間の帰宅

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

10ricedar すいません 意義のある記事だけど、長すぎる 2ヶ月前 replyretweetfavorite