​ここは男の子と行ったら損するラブホ

連載スタートから反響を呼んでいる、時田桜さんのラブホ連載。今回は足を延ばして大阪のラブホテルをレビューします。男の子と行ったら損してしまうラブホとはどういったところでしょうか。

恋人と別れて一週間後、私は、女ともだちと傷心旅行に出かけた。傷心旅行なんて言っているけれど、私が恋人と別れたことは、旅行するためのただのいいわけだ。だって、別れたから傷心旅行をする、なんて普通すぎる。普通すぎることをするときは大体、頭を働かせることなくトクをしたいときだけだもの。「旅をして、気持ちを切り替えるわ」なんてうそぶきながら、私は気の許せる女ともだちと、久しぶりに、遠くへ遊びに行けることを純粋に心待ちにしていた。

それに、楽しみを共有している女ともだちと行ってこそ、価値が増すラブホテルの存在を、私はずっと前から知っていた。体を共有できる男の人とではなく、言葉を共有できる女ともだちと、一晩中、発展性のないくだらない話をして過ごすために最適の場所。大阪にあるから、なんでもない日に行くには遠すぎる場所だったけど、私は彼女と訪れる機会をずっと伺っていたのだ。

「こんなん、ディズニーのホテル泊まるくらいやったらこのラブホ泊まるやろ!」

『ローズリップス』の部屋の扉を開いた瞬間、大阪人の彼女はしっかりとツッコミを入れてくれた。

そうでしょう。私は、選んだ部屋が期待通りに完璧であることに安堵した。女の子と行く時も、男の人と行く時も、どのラブホテルにするかは、いつも私が決めている。それで毎回、こんないい部屋見つけられるなんて天才だわって自負しなおしているのだ。今回、もし、期待しているよりもチャチな部屋だったらどうしようって、入る前からソワソワしていたのだ。「どうしよう、緊張する」なんて、これからホテルでヴァージンを失うというわけでもないのに、不安がっていた。

お花とか、洗面所とか、クローゼットとか、細部までラブリー。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ラブホはわたしのワンダーランド

時田桜

ラブホに魅せられ、ラブホの虜になってしまった大学生の時田桜さん。時田さんが、そんな「ラブホの素敵が詰まった要素」をとにかく書き連ねるのが本連載。毎週1つラブホテルを訪れ、「素敵」をレビューします。「cakesクリエイターコンテスト20...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

moxcha おもしろかった。ワクワクする。ぜひもう少しグッときたポイントを詳細に書いてほしい。/ここは男の子と行ったら損する 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

SK7FISH ここは男の子と行ったら損する 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

granat_san ここは男の子と行ったら損する これは楽しそう。 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

syoujinkankyo ここは男の子と行ったら損する ものすごくオタ女子会向けでは…?と思ってしまったw 約2ヶ月前 replyretweetfavorite