ファミレスで悪目立ちしていた中年カップルに思うこと

小説家の森美樹さんが自分自身の経験を交えながら、性を追及し、迷走する日々を綴るこの連載。今回は森さんが、2人の世界に入り込んでいる中年カップルを見かけたときに思い出したお話です。森さんのお母さんが、80代の知り合いの女性に恋愛相談をされたそうでーー。

テーブルの上で、男女が指を絡み合わせている。年の頃は男60代、女50代といったところか。場所は郊外のファミレス、このご時世か人はまばらだ。それゆえに、いかにもな不倫カップルは悪目立ちしていた。

田舎の中年男女そのもの

私は、仕事をしているふりをしてふたりを観察していた。「ねえ、××君」と女が三田寛子さんばりの鼻にかかった声で語りかければ、「なぁに、××ちゃん」と男が前屈みになって顔をよせる。ふたりの容姿はといえば、田舎の中年男女そのものだ。男は意味不明なロゴとイラストが描かれたTシャツにスラックス、両方とも洗濯しすぎなのかヨレていて明らかにサイズオーバー。女は体型隠しなのかやはりヨレているのか、ダボついたロングのジャンパースカート、落ちかけたパーマヘアをターバンで上げている。化粧っけはなし。

「ねえ、××君。お仕事はどう?」
「うん、××ちゃん。なんとか順調だよ」
「マスクしながらじゃ大変ね」
「うん、ドリンク取ってくる」
「マスクしなきゃだめよ」

と、聞いているこちらが(ていうか、隣にいるので勝手に聞こえてくる)辟易する堂々巡りな会話なのだが、もしかしたらおおっぴらに会いつつ、何か後ろ暗いところがあるのかもしれない。不倫と仮定するなら十分に後ろ暗いが。

このコロナ禍にねぇ、と半ばあきれたところで、私は先日母から聞いた話を思い出したのだ。お隣の埼玉に実家がありながら、もう数ヶ月も帰省できないでいた。母とは1週間に何度か電話をかけあっている。

母から聞いた話に驚愕

『ねえねえ、美樹ちゃん。お母さん、この間恋愛相談されたのよ』

恋愛相談? ちなみに母は今年80歳になる。となると、相談相手も同世代になりそうだが。

『それがね、お母さんより年上の女性なんだけど。60代の男から求婚されたんだって』
「え?! その女性って財産家なの?」

すいません、とてもいやらしいのだけど、つい財産目当てだと思い込んだのだ(ていうか、誰もが一番に危惧するだろう)。

『違うのよ、財産家なのは男のほう』

お母さん、その女性の画像を送って!と鼻息を荒くしそうになったが、母は写メはおろかLINEもメールもしない。むしろ拒否っている。

「お母さん、その女性ってどんな女性? 相談されるってことは仲良しなんでしょ」
『うん。長年、愛人生活をされててね。旦那を亡くしてからは、何年もひとりでいたのよ』

愛人。旦那。心くすぐる昭和テイストな単語。そうはいっても、80代だ。美貌を保つのも限界があるだろうし、体力も衰えているはずだ。でも80代で、しかも20歳も年下の男性にプロポーズされるって、いったいどんな秘訣があるのだろうか。今後のためにもぜひ知りたい。

『愛人だった、ってのを知ったのは最近なんだけど。聞いて納得したのよ。あの人、世界がここにない感じだったから』

世界がここにない、とは。浮世離れしている、という意味だろうか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アラフィフ作家の迷走性活

森美樹

小説家の森美樹さんは、取材や趣味の場で、性のプロフェッショナルや性への探究心が強い方からさまざまな話を聞くのだそう。森さん自身も20代の頃から性的な縁に事欠かない人生でした。47歳の今、自分自身の経験を交えながら、性を追及し、迷走する...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

utakatattt |アラフィフ作家の迷走性活|森美樹|cakes(ケイクス) すごく気に入った、このお話 他者の価値観で批判されても so what?でいていいな、これからも https://t.co/SWoatRrdSp 約1ヶ月前 replyretweetfavorite