晩酌歳時記

第三十三回・青蜜柑

食べたことのないもの、飲んだことのない酒がまだまだたくさんあると思うと、「生きねば。」と思う。そんな佐藤和歌子がお届けするショートコラムです。秋刀魚の塩焼きにはやっぱり大根おろしとアレ。アレがない時どうします?

 手頃な秋刀魚を見つけて、よっしゃ塩焼きと決意したはいいものの、すだちやかぼすが見当たらない、そんなことってありますよね。先週の私がそうでした。柚子でもレモンでもいい、何か柑橘系のものを……。売り場を物色して、目に止まったのが青みかん。どのくらい酸っぱいの? 甘いの? わかんないけど、まあこれでいっか。

青蜜柑・あおみかん—余分な果実を早めに摘み取って養分を集中させる栽培方法は、さまざまな果物に適用されているが、みかんも例外ではない。早摘み(摘果)されたみかんを青みかんと呼ぶ。大きさはかぼすと同じくらい、色はやや黄味がかっている。近年、花粉症などのアレルギー症状に効果があることがわかり、利用方法が研究されている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
晩酌歳時記

佐藤和歌子

季語と晩酌をテーマにしたショートコラム。月四回更新(毎週木曜、第五はお休み)。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

guccion1865 レモンじゃなくて青みかんのさつまいも煮。いいなあ 4年以上前 replyretweetfavorite

IAmemiya 青蜜柑であれを煮る!たしかにおいしそうです。この連載を読んでいるといつもお腹が空く。“@cakes_news: 佐藤和歌子 @wwwac_1980 |晩酌歳時記|” 4年以上前 replyretweetfavorite