ブレない軸を持たせる

たかせみほさんは41歳の時に離婚。シングルマザーが小さなお子さん2人を育てるのは非常に大変ななか、小学6年生と4年生の息子は順調に成長、共に東京大学理科Ⅰ類に現役合格を果たしました。この連載では、『シングルマザーで息子2人を東大理Ⅰに 頭がよくなる「ルーティン」子育て』から、たかせさんが、母親、シングルマザーとして、どのように考え、行動し、生活や受験勉強のサポートを行ってきたのかを紹介していきます。

第1章 ぶれない子育ての大原則

【生活のしつけ】子どもの自己肯定感は、親からの信頼で養われる

子どもが生まれた時から、東京大学に入れたいと思ったことは一度もありませんでした。こう言うと、「まさか、うそでしょう?」「東大に入る子は、親が東大に入れるつもりで教育しているんじゃないの?」と思われる方もいるかもしれません。
もちろん、幸せで豊かな人生を送るためにはある程度の学力が必要ですが、まさか自分の子どもが東大に入れるなんて夢にも思わなかったのです。
ですから、息子たちが自分から東大を目指すと言いはじめたときは「うそでしょ?」と私のほうがびっくりしました。

ただひとつ、私がこだわったのは、息子たちがいつか夢や目標を持ったときに大きく羽ばたけるように、足場を固める土台づくりをしっかりする、ということでした。
まず、そのための「頭の土台づくり」として幼児教育に力を入れました。
そして、親である私自身がブレない軸を持つのと同じように、「心の土台づくり」として子どもにもブレない軸を持たせる必要もありました。

では、どうすれば子どもが自分の軸を持てるようになるでしょうか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
シングルマザーで息子2人を東大理Iに 頭がよくなる「ルーティン」子育て

たかせみほ

たかせみほさんは41歳の時に離婚。シングルマザーが小さなお子さん2人を育てるのは非常に大変な中、小学6年生と4年生の息子は順調に成長、共に東京大学理科Ⅰ類に現役合格を果たしました。本書では、たかせさんが、母親、シングルマザーとして、ど...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません