子どもは褒めて盛り上げる

たかせみほさんは41歳の時に離婚。シングルマザーが小さなお子さん2人を育てるのは非常に大変ななか、小学6年生と4年生の息子は順調に成長、共に東京大学理科Ⅰ類に現役合格を果たしました。この連載では、『シングルマザーで息子2人を東大理Ⅰに 頭がよくなる「ルーティン」子育て』から、たかせさんが、母親、シングルマザーとして、どのように考え、行動し、生活や受験勉強のサポートを行ってきたのかを紹介していきます。

第1章 ぶれない子育ての大原則

【褒め方】「お母さんが怖いから勉強する」だと失敗する

息子たちが生まれたときから、「子どもは自分の分身ではなく、違う個性を持つ人間だから、思い通りにならないのは当たり前」と思って育ててきました。
子育てであまりイライラすることがなかったのも、子どもに指示命令する監督ではなく、子どもががんばったことを褒めて盛り上げる応援団長だったからだと思います。
そして、どんな時でもそばに寄りそって、必要があれば手伝ってあげるサポーターでもありました。

長男のハー君も次男のナー君も、私とは全然違う性格です。しかも、兄は真面目、弟はお調子者と、まるで正反対のタイプ。ですから、二人がそれぞれの長所を活かして活躍するたびに、「がんばったね」「すごいね」「できたね」「さすがだね」と声援を送り続けてきました。

同じ勉強をしていても、兄と弟ではやり方も違えば、得意不得意も違います。もちろん親である自分の子ども時代とも違います。それなのに親が、「こうしなさい」「ああしなさい」と何もかも命令して、思い通りにならないたびに怒ったり叱ったりしていると、子どもはビクビクして親の顔色をうかがうようになります。

子どもには、大好きなお母さんに怒られたくない、認めてほしい、褒めてもらいたいという強い気持ちがあります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
シングルマザーで息子2人を東大理Iに 頭がよくなる「ルーティン」子育て

たかせみほ

たかせみほさんは41歳の時に離婚。シングルマザーが小さなお子さん2人を育てるのは非常に大変な中、小学6年生と4年生の息子は順調に成長、共に東京大学理科Ⅰ類に現役合格を果たしました。本書では、たかせさんが、母親、シングルマザーとして、ど...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

pecoapple1 子育て9年目 まだまだこれから! 3ヶ月前 replyretweetfavorite