で、エビデンスは?」が口癖の面倒な上司への対処法

声の大きな人の悪意ある言葉に傷つき、流されない! 慶應社会人ビジネススクールの人気講師が言葉の暴力に立ち向かう方法を解説する『屁理屈に負けない! 悪意ある言葉から身を守る方法』(5/29発売)。16種類の屁理屈のテクニックと対処法が記された本書から、職場の面倒な上司が多用する「無知に訴える論証」という屁理屈を紹介します

「エビデンスがない=間違っている」わけではない

具体的な事実や信頼できる統計データ。こうしたエビデンス(科学的根拠)をしっかり提示して「だから〇〇だ」と主張する。これは大事なことです。

しかし、全ての主張(と言うより自分が受け入れられない主張)にエビデンスを求め、「エビデンスがないなら、お前の言ってることは間違いだ」と断じることが正しいわけではありません。これが「無知に訴える論証」という屁理屈です。ここで「エビデンスを求めるのが、なぜ屁理屈なんだ」と思った方もいるかもしれません。では、次のようなことを言われたらどうでしょう?

「君は『宇宙人は地球には来ていない』と言うが、来ていないという証拠はどこにもない。ということは、宇宙人は地球に来ているということだ」

これが典型的な「無知に訴える論証」です。ここで気づいた方もいるかもしれません。この例えは、「悪魔の証明」と呼ばれるものです。

何かが「真実である」ことは、それこそ複数のエビデンスによって帰納的に証明することはできますが、「真実でない」ことは証明不可能か、可能ではあっても困難なのは明らかです。

先の「宇宙人は地球に来ているかどうか」も、「来ていない」ことを証明するに足るエビデンスを揃えることは、非常に難しいでしょう。

そして、たちが悪いことに「無知に訴える論証」を悪用する人は、「証明できない=間違い」と決めつけ、それをもってあたかも自説が証明されたかのように主張することです。宇宙人の例で言えば、本来は「地球に来ている」「来ていない」の他に「わからない」という3つめの選択肢があるはずなのに、「来ていないことを証明できないのであれば、宇宙人は地球に来ているということだ」と決めつける。極端な二択に問題を単純化して相手に選択を迫る「誤った二分法」という屁理屈を併用した巧妙な屁理屈です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
屁理屈に負けない!言葉の暴力に立ち向かう

桑畑 幸博

SNSでの誹謗中傷、職場のパワハラ、セクハラ、家庭のモラハラ、ワイドショーの扇動的なコメント……現代社会に蔓延する声の大きな人の悪意ある言葉。しかし、そのほとんどは「聞く価値のない屁理屈」に過ぎない! 慶應社会人ビジネススクールの人気...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

silfac #SmartNews エビデンスで黙らせられる上司なら楽じゃん https://t.co/2NdkP3K2xS 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

AsawiKenta この上司はE.S.S出身? https://t.co/nJe4TgGFs8 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

bamboo9716 “全ての主張(と言うより自分が受け入れられない主張)にエビデンスを求め、「エビデンスがないなら、お前の言ってることは間違いだ」と断じることが正しいわけではありません。これが「無知に訴える論証」という 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

panichan2000 ある意味、悪魔の証明のようなもんだな QT 約2ヶ月前 replyretweetfavorite