初めてのセンター歌唱&魅惑の新トップ・蘭寿さん登場

「タカラヅカ」を支えているのはトップスターだけじゃない!100年以上の歴史を持ち、未婚女性たちが「清く、正しく、美しく」をモットーに歌い踊る宝塚歌劇団。その美しさでファンを魅了するスターの隣には、モヒカンの悪役や貫禄のあるおじさん役を全力で演じきる名バイプレイヤー・天真みちること「たそ」の姿があった……。元SMAP中居正広に「友達になれそう」と、元花組トップスター明日海りおには「宝塚に新ジャンルを築いた」と言わしめた伝説の元タカラジェンヌによる、誰も知らない爆笑宝塚エッセイ。

どうも。

……マジでビビってるんですけど……え……もう8月っすか?!

え、もしかしてアレ、開けちゃったかしら、玉手箱……時の流れがセスナ。マジセスナ。夏真っ盛りですな。

……さあてレッツゴー♪


ミセスミッチー“B”

少しずつ、お芝居で演じる配役が「○○の男①」や、「○○兵士B」の様なアンサンブルから、「イクエイフク」や、「パソンの兄」など(前話参照)など、個人名になってきた頃……

次に挑むことになったのは、花組大劇場公演『麗しのサブリナ/EXCITER!!』。

香盤表を確認しに行くと、ショーパートである『EXCITER!!』で、「ミセスミッチーB」という役名が目についた。

芝居では個人名を頂けるようになってきたが、ショーでは専ら「踊る男」集団専門だった私は、何かの間違いなんじゃないか、と思った。 なんなら、隣の生徒の配役がうっかりずれちゃったのかな?と思っていた。

自分の名前の所に指を置き、そこから下へなぞっていく……やっぱり、自分の名前の欄に「ミセスミッチーB」がある。何度も何度も確認したがやはり、自分の名前の欄にある。

……つうか、「ミッチー」って明らか私の芸名から取ったっぽいし……

悶々と悩んでいると、同期の月野姫花(つきの・ひめか)が、

「私、ミセスミッチーAだから。よろしく」

と声をかけてきた。

姫花とぺ、ペア?! あの、同期1美し可愛い姫花とデュ、デュオ?!

てか、姫花がAで、私がB? なんだ? AとBって……血液型?

一体何が起きたのかわからず悶々としている所に、助手の先生がやってきて、

「天真さんの分です」

と、譜面と衣装デザインの入った封筒を渡された。

基本、プロローグやパレードなど、全員で歌う場合や、複数名のコーラスなどの譜面は稽古場の机に置いてあり、自分で取りにいく事になっている。

なので、助手の先生から直接封筒を頂くということは……

ソロ歌唱がある……!!??

ほぼほぼコーラスでしか歌ったことの無かった私は、ショーの初めてのソロの予感に、「マジか!」という喜びの舞と、「いやいや無い無い」という、予想が外れた時のための心の準備とでガクブルし、震える手で封筒を開け、中の譜面とデザイン画を取り出した。

すると……まず目に飛び込んで来たのは、「トロピカル☆エメラルド☆超巨大ムームー姿の自分」が描かれた衣装デザイン画だった。

それを見て一瞬で悟った……ああ、ミセスミッチーBのビーは血液型ではなく、「ビフォー」のBなんだ……と(どんな場面か知らない方は是非エキサイターを見て頂きたい)。

この瞬間、自分の中で「ミセスミッチーB」の方向性がはっきりと見えた。

その後歌稽古になり、その場面で歌っている出演者が上級生順に前から順番に並ぶ中、ソロパートがある者は最前列に並ばなければいけないので、上級生の方の前に立って歌稽古を受けることになった。

姫花も一緒なら心強かったのだが、姫花は私の「アフター」の姿という、いわゆる「概念」なので、音声は私が担当する。

私はたった一人、壮一帆(そう・かずほ)さんや愛音羽麗(あいね・はれい)さんが座っていらっしゃるのと同じ長椅子に座ることになった。

生まれて初めてスターさん方とお席を共にし(言い方)、緊張で心臓が口から出そうになっている私に、トップスターの真飛さんが、

「おお! 何?! たそ、シンガーじゃん」

と明るくお声掛けしてくださった。

すると壮さん、愛音さんも「すごいやん! スターやん!(笑)」と面白明るく囃し立てて下さった。

スターさん方の優しいお心使いに泣きそうになりながら、私は精一杯気持ちを込めて歌った…… 唯一の歌詞である「♪アロハオエー」と……(どんな場面か知らない方は以下略)。

「ミセスミッチーB」は最初、スタンドマイクをセンターに置いて歌う。

この、「センター」に置く。

という行為そのものが生まれて初めてだった。

センター。

それはトップスターさんだけが立つことが許された場所、という認識でいたので、自分なんぞがセンターに立っていいものか、本当に不安だった。不安でしかなかった。

だが、振付の時もスターさん方は「ドセンターじゃん! すごいじゃん!」と暖かい言葉をかけて下さった。

スターさん方は、自分がのびのびと演じられる環境をいつも作って下さる。

「緊張して遠慮がちに立つのではなく、堂々と怪しく立ちはだかろう」

と、私は覚悟を決めた。この瞬間、自分の中で、「ミセスミッチーB」の詳細な演技プランが見定まった。

本番、デザイン画の5倍はあろうハイパー大きなムームーを着こなすために、中に胴布団と呼ばれる、身体を大きく見せるための綿入りベストみたいなやつを着こみ(これだけだとぱっと見マシュマロマンみたいだった)トロピカルなアクセサリーに身を包み、「これが、私の為だけに作られた衣装なんだ……」と、スリスリスリスリと衣装をさすり(ここまで着るとぱっと見マツコ・デラックスみたいだった)、日々「ミセスミッチーB」を演じた。

「ミセス」として男役が女性役を演じる際は、より男前に、より大きなスケールで、より豪快に。いつもより更にがに股を心がけ、センターに「怪しいオーラを放つ大きい(物理)存在」でいられるように努めた。

するとこの公演で、これまでとは比べものにならないくらい、沢山の方に自分の存在を認知してもらえるようになった。

今までは、自分の出演場面を人に説明するとき、「○○さんが歌っているときの後ろから2列目の向かって右から3番目にいるよ」という細かい説明を事前にして、それでも一瞬の出来事で見逃してしまって「どこにいたのかわからなかった」と言われる始末だったのだが、

今回は、「センターでエメラルドグリーンのムームー着てアロハオエーって歌ってるよ」と言えば一目瞭然で、しかも絶対に見逃されることは無い。

ショーの演目で、こんなに自分の存在を覚えてもらえたのは初めてだった。

新たな手ごたえを感じ、少しだけ前に進んだ気がした。

そんなある日の終演後、廊下を歩いていると、月組の龍真咲(りゅう・まさき)さんに「あなた、名前なんていうの?」と突然呼び止められた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
こう見えて元タカラジェンヌです

天真みちる

「タカラヅカ」を支えているのはトップスターだけじゃない!100年以上の歴史を持ち、未婚女性たちが「清く、正しく、美しく」をモットーに歌い踊る宝塚歌劇団。その美しさでファンを魅了するスターの隣には、モヒカンの悪役や貫禄のあるおじさん役を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yuriironotoki 宝塚のこともすごく良くわかるし、たそさんの真摯な姿勢、素直なお人柄も分かって本当に良い記事。 https://t.co/LM0TFC3X0L 3ヶ月前 replyretweetfavorite

PagQp 蘭寿さーーーん💓😍💓 今日めちゃめちゃ忙しかったんです、いっぱいいっぱい頑張ったんです、 だから、私も抱きしめてください‼️ 蘭寿さんのアメとムチが凄すぎる。あなた様のファンであることが誇らしい😂 https://t.co/W9roVcZTC2 3ヶ月前 replyretweetfavorite

77ho851118 究極に鍛え上げられた最強の、魅惑の腰を持つスーパーダンサースターさんだった。 (蘭寿とむ氏について) 間違いない。 3ヶ月前 replyretweetfavorite

zuka_hana …魅惑の新トップ・蘭寿さん登場 [天真みちるさん] https://t.co/iFUtxBY8VW 『「あのっ!!」…「私ってどう思いますか」… 蘭寿さんは… 「貴方は頑張っていない」… 「今よりももっともっと変われる。上に登… https://t.co/CSo5f7ZuF2 3ヶ月前 replyretweetfavorite