​やりたい人が多い業界は質が下がる

華やかだったり、かっこよく見えたりするけれど、経済規模としては意外と大したことがない業界というのがあります。若者がみんなそこで働きたいと集まってしまうと、どういうことが起こるのでしょうか。

音楽業界の売上は豆腐業界と同じ?

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

僕、このバーを始めたのは23年前なのですが、もう少し「音楽より」のお店にしようと思っていたんですね。自然とミュージシャンや音楽関係者が集まってきて、僕が音楽イベントを企画したり、音楽レーベルをやったりしてみたいなって夢見ていたんです。

それで開店当初、ある音楽業界の重鎮の方に僕の話を聞いてもらっていたら、こんなことを言われました。

「林さん、日本の音楽業界の売り上げって豆腐業界と同じだって知ってますか? 街に音楽ってあふれているように思えますけど、そんなに音楽ソフトって売れているわけでもないんです。そんな大した市場じゃないのに、音楽業界で働きたいっていう人間が多すぎるんですね。でも、そんなに仕事はないから、みんながその仕事を取り合っている状況なんです」

その話を聞いたのは1998年だったので、今はもっと音楽業界の売り上げは落ちていると思いますが、なるほどですよね。確かに豆腐って、日本中の人がしょっちゅう口に入れているんです。日本中どこまで行っても、豆腐って売ってます。でも音楽ソフトって実は買わない人がほとんどなんです。

どうしても豆腐業界で働きたいって人は多くないけど、音楽業界で働きたいって人はすごく多いから、仕事は奪い合いになるし、安いギャラで良いから、タダでも良いからやらせてっていう人が出てくる。「音楽業界で働くのはオススメしない」って、その重鎮にアドバイスされたというわけです。

そういえば、それと同じような構図の職業がありまして、先日、ふみぐら社さんという、僕より年上の長くフリーライターをやってきた方と話していたら、「林さん、最近、フリーライターっていう職業がお洒落になってきたんです」って言うんです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kohama 日本の音楽業界の売り上げって豆腐業界と同じだって知ってますか? やりたい人が多い業界は質が下がる|林伸次 @bar_bossa | 10日前 replyretweetfavorite

NigerTigris やりたい人が多い業界は質が下がる|林伸次 @bar_bossa | 11日前 replyretweetfavorite

asyara28 音大を出ても、芸大を出ても、音楽に限らず芸術で食べて行くのは大変ですね。才能が有っても食べて行けるとは限らないこら…。 11日前 replyretweetfavorite

kawac 音楽業界を、Webデザイナーに置き換えても成立する可能性...!? ※ただし、私のような「誰でも代替可能な業務」に携わっている界隈に限る - やりたい人が多い業界は質が下がる|林伸次 @bar_bossa | 11日前 replyretweetfavorite