第1章 見えない檻から飛び出そう vol.3 コンピュータとの出会い

同級生たちがファミコンに夢中になっている一方で、プログラミングに没頭していく中学生の堀江少年。より高スペックのパソコンを手に入れたいがために始めたアルバイトで、「働くこと」の意味を初めて実感します。 11月5日に発売される堀江貴文さんの書き下ろし単行本『ゼロ——なにもない自分に小さなイチを足していく』の内容を、cakesでいちはやくお届けしていきます。

コンピュータとの運命的な出会い

 中学に上がるのと前後して、僕にはもうひとつの決定的な出会いが待っていた。ある意味、その後の人生を決めたといっても過言ではない出会いだ。
 そう、コンピュータとの出会いである。
 おそらく、直接のきっかけは映画だった。僕が小学生のときに公開されたアメリカ映画『ウォー・ゲーム』である。高校生のハッカーが、自分でも気づかないうちに北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)のホストコンピュータに侵入し、あわや第三次世界大戦を引き起こしそうになる、というストーリーだ。「コンピュータって、なんでもできるんだな!」と興奮したのを覚えている。
 ちなみに、1972年生まれの僕は完全なファミコン世代だ。もちろん僕だってファミコンはほしかった。しかし、子どもにゲーム機を買い与えるなど、堀江家の両親からすれば天地がひっくり返ってもありえない話である。ファミコンについては、早々にあきらめていた。
 でも、どうしてもあきらめきれなかったのがパソコンである。
 僕が中学に入学したのは、1985年。茨城県つくば市で科学万博が開催された年だ。子どもたちは科学やSFに強い関心を持ち、僕も科学雑誌を読み漁っていた。そして、話題の中心にあったのは、いつもコンピュータだった。
 まだまともに触ったこともなく、プログラミングの知識など皆無に等しかったにもかかわらず、僕には確信にも似た予感があった。コンピュータを手に入れれば、なにかが変わる。この退屈な日常が、まったく新しいものへと変化する。コンピュータの先にはまぶしい未来があるはずだ、と。
 そこで中学の合格祝いを名目に、「これはゲームじゃないんだ。勉強に使うものなんだ」「これからはコンピュータの時代なんだ」と調子のいい話を織り交ぜながらどうにか買ってもらったのが、日立のMSXパソコン「H2」だ。
 僕の予感は見事に的中した。退屈しきっていた日常は、パソコン購入を境に一変してしまう。コンピュータの魅力に、完全にハマり込んでしまったのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ゼロ—なにもない自分に小さなイチを足していく

堀江貴文

「誰もがゼロからスタートする。失敗してもゼロに戻るだけで、決してマイナスにはならない。だから一歩を踏み出すことを躊躇せず、前へ進もう」――なぜ堀江貴文さんは、逮捕されてすべてを失っても希望を捨てないのか?  彼の思想のコア部分をつづる...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

honmoto 「直接のきっかけは映画だった。僕が小学生のときに公開されたアメリカ映画『ウォー・ゲーム』である」https://t.co/EV5VWu5Ao1 ゼロ ⇒ https://t.co/tFpkiDLVqn https://t.co/bPwftaUFd1 @takapon_jp 1年以上前 replyretweetfavorite

honmoto 「僕の予感は見事に的中した。退屈しきっていた日常は、パソコン購入を境に一変してしまう。コンピュータの魅力に、完全にハマり込んでしまったのだ。」 https://t.co/EV5VWu5Ao1 『ゼロ』 ⇒ https://t.co/tFpkiDLVqn @takapon_jp 1年以上前 replyretweetfavorite

tkoyama1988 ウォーゲーム今見ても面白かった(感想:http://t.co/Ckol2jz5Z0) 3年弱前 replyretweetfavorite

nanomimi ゼロ——なにもない自分に小さなイチを足していく https://t.co/bb1V7PfgoM 約4年前 replyretweetfavorite