第14話 空に書かれた名前

現在、文学の世界では何が起こっているのか。そして世界の中で文学はいまどのような位置にあるのか。国境、人種、ジェンダーなどさまざまな枠組みが大きく変わりつつある21世紀にあって、文学はどのように変わろうとしているのか。「21世紀の世界文学」をさまざまなトピックから紹介してゆきます。最終回は現実と幻想入り交じるチリ文学について。

ホドロフスキーのシュールな世界

僕がアレハンドロ・ホドロフスキーの映画に出会ったのは二十歳のころで、付き合い始めた彼女と渋谷の映画館で『サンタ・サングレ』を見たときのことだった。もちろん男のズボンのチャックからアナコンダのような大蛇が飛び出すようなむちゃくちゃな作品で、彼女は「せっかくのデートなのに」と大いにガッカリしていた。

 でも僕はシュールなものが好きだったから、勝手にとても楽しんだ。その後、彼女とは別れてしまったけど、ホドロフスキーへの関心は続いた。いや、そうでもないのかもしれない。なにしろ次に彼の作品を見たのはほんの最近のことだったから。

 合計で4時間を越えるだろう『リアリティーのダンス』と『エンドレス・ポエトリー』を見ているあいだ、僕は全く飽きなかった。大学生時代みたいに激しい細部に目を奪われるのではなく、その向こう側にあるホドロフスキーの悲しみがしっかり伝わってきたからだ。

 『リアリティーのダンス』は1929年生まれの彼が、ボリビアに近いチリの街トコピージャから8歳でサンティアゴに転居するまでを描き、『エンドレス・ポエトリー』はその後、成長して若き芸術家となった彼が24歳でチリを出てパリに移住するまでを扱っている。だからこの二作を見れば、ホドロフスキーの青春を観客も追体験できる。

 だがもちろん彼のことだ。普通の作品にはなっていない。悲しみのあまり少年時代のアレハンドロが海に石を投げると、海が怒って大量の魚を岸に打ち上げる。母親はなぜか常にセリフをオペラのようにすべて歌で表現するし、路上では炭鉱でダイナマイトに手足を吹っ飛ばされた男たちが叫び、踊っている。

理解できない世界

 だがそうしたギミックは、いたずらに人を驚かせるために用いられているのではない。子供時代のアレハンドロが感じた悲しみや恐怖、不安を表現するための比喩として用いられているのだ。だから主人公の主観的には、これらは決してシュールではなく、むしろ正確な描写ということになる。

 なぜそれほど彼は辛いのか。世界が理解できないからだ。そして世界が理解できない大きな理由は、抑圧的な父親が全く愛してくれないからだ。父親に愛されようとして、アレハンドロは、男なら麻酔なしで歯の治療をしろ、といった父親の無理難題に答えようとする。それでも愛されないと、自分が悪かったのだと彼は思う。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
世界文学の21世紀

都甲幸治

現在、文学の世界では何が起こっているのか。そして世界の中で文学はいまどのような位置にあるのか。国境、人種、ジェンダーなどさまざまな枠組みが大きく変わりつつある21世紀にあって、文学はどのように変わろうとしているのか。翻訳家として、研究...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tomokg 「ボラーニョの作品には失われた時代へのノスタルジーと、どうしようもない悲しみがある。彼の言葉は、僕らの心の柔らかい部分を確実に揺さぶる。」 21日前 replyretweetfavorite

consaba 都甲幸治「僕がアレハンドロ・ホドロフスキーの映画に出会ったのは二十歳のころで、付き合い始めた彼女と渋谷の映画館で『サンタ・サングレ』を見たときのことだった。」 https://t.co/lSFTEzjk3Y 21日前 replyretweetfavorite