お客様は神様」をやめればあなたは愛される

一流レストランでサービスマンとして働いていた黒ワインさんが、サービスの技術を恋愛のコミュニケーションに活かす方法を教える連載。今回は少し視点を変えて、「サービスを受ける側」の態度から、「愛される秘訣」について考えていきます。

「お客様は神様だ」なんて言われた時代がありますが、みなさんは食事先や買い物に行ったお店で、店員さんに「よくしてもらって当たり前」みたいに思っていませんか。もしそう思っているのなら、少し気をつけたほうがいいです。その考え方、もう古いです。

たとえば、雑誌やインターネットの特集で組まれる「こんな男性は嫌だ」。ここで必ずといっていいほど上位にランクインするのが「店員に横柄な態度をとる人」です。怒りっぽい、虚栄心のあらわれ、プライドが高い……そんなふうに分析されてしまって、決してプラスの印象にはなりません。

もちろん、「自分はそんなことしないよ」という人も多いと思います。では、逆にどういう人が好かれるのか? そういう話ってあまり出ないですよね。今回は接客をする側からの視点で、接客と恋愛の共通点についてお話したいと思います。

まずは、僕が接客を学ぶにあたって決して忘れられない、ある人のエピソードから紹介させてください。

店員に「接客」すると得をする

その人は僕より15歳上の女性でした。

元客室乗務員の経歴を持つその女性は、僕と出会ったときは一足5万円以上もする高級婦人靴ブランドで働いていました。 その接客は丁寧さや上品さを備えながらも、ときおりくだけた言葉や態度を交える、どこか親近感をおぼえさせてくれるものでした。僕自身、何度もその素敵な接客を目に焼き付けて、自分のものにしようと思っていました。

ある日のこと、客室乗務員時代の友人が遊びに来るから、とその女性を含む3人で出かけたとき。カフェでケーキでも食べよう、となったんですよね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
サービスが愛だと言うのなら

黒ワイン

かつて一流レストランでサービスマンとして働いていた、noteでも人気のクリエイター・黒ワインさん。cakesの連載では、サービスの仕事で培った「目の前のお客様を幸せにする」ためのスキルを、恋愛のコミュニケーションに活かす方法をお教えします。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

the_monkey1988 >自分のためにも「ありがとう」を伝えよう 3ヶ月前 replyretweetfavorite

vino_cavolfiore 今回の記事、結局は自分に向けて書いていたのかも。 |黒ワイン @vino_cavolfiore |サービスが愛だと言うのなら https://t.co/75R97Wl8gG 3ヶ月前 replyretweetfavorite

cookingdaichan むしろそのほうが楽しいからずっと続けてるし、いろんな地方に好きな店員さんがいる。人間同士だもの^_^ 3ヶ月前 replyretweetfavorite

poppoppo_ (黒ワインさんがいいねしてくださってるんだけど、黒ワインさんの連載の内容ともすこーしリンクする話なんだよなぁ。いつか相談したい) https://t.co/vdZjBBP7B5 3ヶ月前 replyretweetfavorite