赤ん坊並みに世話が焼けるくせにエラそうな秋田人形道祖神の謎

ヘンな形の目利きにして脱力系エッセイの名手が、丸4年かけて日本各地の路傍から超弩級のゆるカワ神仏323体をスカウトした『ニッポン脱力神さま図鑑』。コロナのせいで出版延期となるも、5月27日にようやく発売! それを祝って、 ゆかいな神さまたちが毎日交代でお出ましくださっていますが、日曜日はお休み。代わりに、赤ん坊並みに世話が焼けるくせにエラそうな秋田人形道祖神の謎に迫ります。

世話の焼ける巨人

 人形道祖神はこの本で取り上げている他の神仏とは根本的な違いがあって、それは主に藁でできていることである。

 実はこの藁でできているせいで、私は当初人形道祖神にあまり関心が持てなかった。いかにも古い日本の伝統的習俗という印象が拭えず、新奇さを好む自分の嗜好にマッチしなかったのと、何より藁人形そのものが地味で古臭く感じられた。

 なので巡りはじめたときは、これをこの本のラインナップに採用するかどうか決めかねていた。私はべつに民俗学の研究がしたいわけではなく、造形的に面白いものが見たいだけだったからだ。

 そんななか煙管ショウキさまを20年ぶりに作りなおす儀式を見物して、心揺さぶられてしまったのである。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

こんな姿の神仏もありなのか! 超弩級のゆるカワ323体が史上空前の大集結

この連載について

初回を読む
ニッポン脱力神さま図鑑』の今日の神さま

宮田珠己

こんな姿の神仏もありなのか! ヘンな形の目利きにして脱力系エッセイの名手・宮田珠己が、構想・取材に丸4年をつぎ込み、日本各地の路傍から超弩級のゆるカワ神仏323体をスカウトした『ニッポン脱力神さま図鑑』。コロナのせいで延期となる...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tsutsuuryaurya1 人形道祖神がカワイイのは、赤ん坊並のくせに態度がデカいから⁈ 詳しくはcakes連載で! https://t.co/hb12IgaF9O #ニッポン脱力神さま図鑑 #人形道祖神 #道祖神 #秋田旅行 https://t.co/G5VwJg6RpR 約2ヶ月前 replyretweetfavorite