この文章はあなたしか読みません。

「モテる文体とはなにか?」を徹底的に分析する連載です。今回は山田ズーニーさんから学ぶ、読者を奮い立たせる“2人称”の使い方、について解説します。書評ライター・三宅香帆さんの著書『文芸オタクの私が教える バズる文章教室』から特別収録。


山田ズーニーの一対一力

他ならぬ自分が動かなきゃ、という気持ちにさせられる。


心構え的な話になっちゃうんですが。
書くという行為の先には、絶対に「読み手」がいるはずなんです。

メールやSNSやブログはもちろん、日記だって、メモ書きだって、未来の自分に向けているわけだし。書いては消すホワイトボードですら、書いていくと同時に誰かが読んでいる。

読者のいない文章なんてない。
それなのに、なぜか文章を書いていると、読む人の顔が見えなくなっている時があるんですよね。

不思議と忘れちゃうんです。書いていくうちにだんだん、相手が“読者”と呼ばれる集団ではなくて、“一人ひとりの個人”であるという事実を。
書いているのは「自分ひとり」です。二人で文章を書くなんて(実質的には)ありえない。
もちろん共作や編集というスタイルはありますが、書いている時は基本的に自分ひとり。

同様に、その文章を読んでいるのも、どこかの「だれかひとり」。
二人で読むことはできません。
二人いっぺんに目を通すことがあっても、「読む」という行為自体はひとりでしかできない。
たとえその文章が一億人に読まれたとしても、読む人は「ひとり」 の状態で読んでいる。

文章とは「自分ひとり」と、「だれかひとり」をつなげる作業です。
でも主体を誰にするかは、選ぶことができます。
主体には「私・僕(一人称)」「私たち・僕たち(一人称複数)」「あなた・君(二人称)」「みなさん(二人称複数)」「彼・彼女・〇〇さん(三人称)」が存在しますが、作家であり、文章インストラクターでもある山田ズーニーさんは、この文章において「あなた」という二人称を効果的に使っています。



この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

言葉の発信力をあげたい人へ。

この連載について

初回を読む
文芸オタク女子の バズる文章教室

三宅香帆

こんな書き方もありだったのか! 文芸オタク女子が暴露する、「モテる文章の秘密」がいっぱい。文章を書くという行為が、今よりもっと面白くなるはずです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

a7chy 確かに!読者とか複数にしたとしても読むという行為一人で行われる。たしかに! https://t.co/zE0AGecWIC 2ヶ月前 replyretweetfavorite

Echuiriel これを忘れないでいたい。 2ヶ月前 replyretweetfavorite