第12話 アイス売りのおじさんとの再会

現在、文学の世界では何が起こっているのか。そして世界の中で文学はいまどのような位置にあるのか。国境、人種、ジェンダーなどさまざまな枠組みが大きく変わりつつある21世紀にあって、文学はどのように変わろうとしているのか。翻訳家として、研究者として、教育者として、世界文学の最先端と日々向き合っている都甲幸治さんが「21世紀の世界文学」をさまざまなトピックから紹介してゆきます。

ユダヤ系の人たちにはもともと興味があった。僕が高校時代に出会い、アメリカ文学にのめり込むきっかけになったJ・D・サリンジャーだって父親はユダヤ系だし、大学に入って読み始めたマルクスもレヴィ=ストロースもベンヤミンも、思想家や学者の多くはユダヤ系だった。

 そのうちユダヤ教やユダヤ系の文化にも惹かれて、ラビ・トケイヤーのユダヤジョーク集なんかを読みまくった。ユダヤ教のラビがかましてくる頓知の効いた、というかアメリカンジョークのもとみたいな、日本人の感覚では少々不可解なボケにしびれた。

 レヴィナスの、他者には顔があり、その顔を前にして人は相手を殺せなくなる、という倫理学も良かった。理屈じゃないんだけど、感覚としてはよくわかる。これがホロコーストを通過した現代の思考のあり方なのか。

 そしてフランクルの『夜と霧』を読み、アラン・レネによる映画版も見た。ユダヤ人600万人がナチスに、しかも20世紀にもなって虐殺された。このことの重さと悲しさがたまらない説得力とともに伝わってきた。

なぜこんなにも迫害されるのか

 僕の中で素朴な疑問が育っていった。そもそも、ユダヤ系の人々は常にヨーロッパ文化の中心にいるのに、どうしてこんなにも迫害されければならないのか。マルクスの『ユダヤ人問題について』を読んでも、サルトルの『ユダヤ人』を読んでも全然わからなかった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
世界文学の21世紀

都甲幸治

現在、文学の世界では何が起こっているのか。そして世界の中で文学はいまどのような位置にあるのか。国境、人種、ジェンダーなどさまざまな枠組みが大きく変わりつつある21世紀にあって、文学はどのように変わろうとしているのか。翻訳家として、研究...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません