ネットリンチの参加者が「話が通じない人」である理由

声の大きな人の悪意ある言葉に傷つき、流されない! 慶應社会人ビジネススクールの人気講師が言葉の暴力に立ち向かう方法を解説する『屁理屈に負けない! 悪意ある言葉から身を守る方法』(5/29発売)。16種類の屁理屈のテクニックと対処法が記された本書から、ネットリンチに加わることの落とし穴について紹介します

「お前だって論法」という守りの屁理屈

他人を攻撃しマウンティングすることを目的とした「 論点のすり替え」には、人格攻撃を含めた「揚げ足取り」の他にも、いくつかのパターンがあります。そこでご紹介したいのが、揚げ足取り同様に仕事やプライベート、そしてSNSでのやり取りで頻繁に使われる「お前だって論法」です。

たとえば、キャッチャー出身のある野球評論家が解説でキャッチャーのリードを批判したときに、「自分だって現役時代にリードミスくらいあっただろうに」と批判する。これが「お前だって論法」です。インターネット上では「お前が言うな」や「ブーメラン乙」などと言われるもので、批判したい相手の主張を「信頼するに値しない」と結論づけたいときなどに、この論法が使われます。

相手本人ではなく第三者を引き合いに出す形、たとえば子どもが怒られて「○○ちゃんもやってる」と言ったり、仕事のミスを上司にたしなめられて「これくらいで自分を怒るんなら、××さんも怒ってくださいよ」と文句を言うのも、同様に「お前だって論法」です。

議論の相手の過去や第三者を引き合いに出すことで、「自分だけじゃない」とか「自分がやったことはたいしたことじゃない」と認めさせたいし、自分でもそう思いたい。

そうした「自分が可愛い」という誰もが持つ意識が、「お前だって論法」という形で表出してしまう。これはもはや、すべての人間が無意識に使ってしまう屁理屈と言えるでしょう。

しかし、考えてみてください。他人を引き合いに出して「みんなやってる」とか「あの人よりマシ」と主張したとして、自分、あるいは擁護したい誰かが間違ったことをした事実は消えるわけではありません。誰と比較しようが、それこそ「目くそ鼻くそ」「五十歩百歩」であり、批判されることを拒否することはできません。

「あなただってあのときは……」と自分のことを棚に上げるなと相手を責めたところで、やはり過ちが消えるわけではないのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
屁理屈に負けない!言葉の暴力に立ち向かう

桑畑 幸博

SNSでの誹謗中傷、職場のパワハラ、セクハラ、家庭のモラハラ、ワイドショーの扇動的なコメント……現代社会に蔓延する声の大きな人の悪意ある言葉。しかし、そのほとんどは「聞く価値のない屁理屈」に過ぎない! 慶應社会人ビジネススクールの人気...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

guilty_beast |屁理屈に負けない!言葉の暴力に立ち向かう|桑畑 幸博|cakes(ケイクス) 相手の過去の言動を引き合いにして「お前だって論法」を使うのは無意味よね https://t.co/clgq9cRbAO 2ヶ月前 replyretweetfavorite

kawac 「お前が言うな」はついつい思ってしまいがち... (「自分も大概だな」と思って指摘しないことも多々...) - 2ヶ月前 replyretweetfavorite

SK7FISH "しかし、やっていることは「何が問題で、どうすれば良いのか?」という本来の議論のプロセスを無視し、「お前が言うな」のひと言で自分が優位に立ったかのように錯覚しているだけの虚しい行為です" https://t.co/LF9o6UdAsg 2ヶ月前 replyretweetfavorite

NathanA_xiv SNSで見かける屁理屈の中身も、懇切丁寧に書き表された文章で見るとわかりやすい。 2ヶ月前 replyretweetfavorite