ナンバー1よりオンリー1だと比較ができない

ギャンブルを生業とする恋人との今後に悩む今回の相談者。周りの人たちからはこぞって反対されているようですが、幡野広志さんはどう感じるのでしょうか? 幡野さんが自身で過去の相談を振り返る『幡野さんはどんな気持ちで相談に答えてるんだろう』とあわせてお読みください。

※幡野広志さんへ相談を募集しています。専用フォーム(匿名可)からご応募ください。

幡野さん、はじめまして。こんばんは。

ギャンブラーの彼と今後も一緒にいたいけれど、どうしたらいいのか悩んでおります。

3年前、31歳にして生まれて初めて4歳下の彼氏ができました。
3年間、別れたり、戻ったりを繰り返しながら、とても楽しい時間を過ごさせてもらっています。

彼はギャンブルで生計を立てています。
以前は歌舞伎町の雀荘で社員として働いていましたが、1年程前からはフリーで麻雀やポーカーをして生活しています。

実際にプレイしているところを見たことはないのですが、雀荘の社員時代は11年銀行員として働いていた私の1.5倍以上のお給料を稼いでいたそうです。
今はポーカーを始めるにあたってできてしまった借金を返しつつ、普通に生活できるくらいのお金を毎月稼いでいます。

何年もひとつのことに打ち込み、極めるために勉強等努力し続ける姿を、私は心から尊敬していますし、太っていてわがままで仕事も辞めてしまった私にも、他人にも優しいところが素敵だと思っています。

ですが、彼は結婚はおろか人と一緒に住む気もありません。
初めは、結婚なんてしなくても一緒にいられるだけで十分だと思っていました。
しかし、友人達や仲の良かったいとこに子供ができて周りから結婚や子供の話をされると、家族連れが目につくようになり、ひとりっ子の私は、このままじゃ将来一人ぼっちになるのか…私はみんなができることが何ひとつできないのか…好きな人と一緒に暮らしたい…と考えて悩んでしまいます。

彼とのことを相談すると、友人や知人は、職業を聞いただけで「他にいい人いるよ」「そんなやつクズだ」と言い、母からは「結婚しないなら今のままでもいいけど、結婚がしたいなら結婚相談所に行くのがいい」と言われます。

太っているため、好きになった人からは美人の友人との間を取り持ってくれと相談され、合コンや飲み会では蔑んだ冷たい目で見られ、いじられ役にされて何を言われても笑って場を盛り下げないよう心がけても、私を見てくれる若い男性は誰もいませんでした。 なのに、他にいい人がいるなんて言われても信じることができません。
29歳の時に1年間加入した結婚相談所で、40歳の方から酷い対応をされたので信用できません。

彼と一緒にいたいのなら、結婚や一緒に暮らしたいという夢は見ないほうがいいのでしょうか。

拙い文章で申し訳ありません。
ぼくが子どものころ、ほしかった親になる。を読むたび優しい気持ちになります。いつも素敵なことばをありがとうございます。

(サクサクアーモンド 34歳 女性)

「他にいい人いるよ」ってこれはおおくの人がおもうだろうなぁー。ただ、そのいい人と出会えるかどうかもわからないし、出会えてもそのさきに付き合えたり結婚できたりするかなんて、確率変動でも発生していないかぎりわからないですよね。確率変動が何かはギャンブラーの彼氏さんに聞いてね、モテ期みたいなものです。

恋愛経験が豊富な人は彼氏さんのことをクズだとも他にいい人がいるともおもえるけど、31歳ではじめての彼氏ができたあなたにとってそうはおもえないですよね。それに結婚相談所に行けば結婚できるわけじゃなく、むしろ成婚率は高くないですよ。

もちろんいい人を探そうとするから成婚率は低くなるのだろうけど。結婚相談所で婚活する女性の容姿や年齢や相手にたいする希望を引き合いにして、バカにしたり批判されがちですけど、あれって男性側もまったくおなじことなんですよね。

婚活経験のある女性は気づいているとおもうけど、女性と比べて男性側のことが可視化されてないだけで、男性側が土に埋まっていない地雷というケースもたくさんあるんです。結婚できないのは女性も男性もおなじことで、可視化されたら男性側もおなじようにバカにされるとおもう。更なる不毛な論争を呼びそうだから本当に無駄だけど。

ギャンブラーの彼氏さんとの結婚はどうですかね。もしかしたらギャンブラーの人ですら反対するんじゃない? ぼくは別に反対はしないけど、ギャンブラーだからという理由じゃなくはじめての彼氏だからこそ、男性の比較ができていないという点は不安ですよね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。

幡野広志

写真家・幡野広志さんは、2017年に多発性骨髄腫という血液のガンを発症し、医師からあと3年の余命を宣告されました。その話を書いたブログは大きな反響を呼び、たくさんの応援の声が集まりました。想定外だったのは、なぜか一緒に人生相談もたくさ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yhkzk すごい回だったな。 17日前 replyretweetfavorite

667SyAn https://t.co/HnO2whCBF1 24日前 replyretweetfavorite

granat_san ギャンブラーはこんな感じだろうな……。 24日前 replyretweetfavorite

sattsun_fab PARCOの写真展行きたいなー。 24日前 replyretweetfavorite