国東仁王さまは魔境のゆるキャラ

ヘンな形の目利きにして脱力系エッセイの名手が、丸4年かけて日本各地の路傍から超弩級のゆるカワ神仏323体をスカウトした『ニッポン脱力神さま図鑑』。コロナのせいで出版延期となるも、5月27日にようやく発売! それを祝って、 ゆかいな神さまたちが毎日交代でお出ましくださっていますが、日曜日はお休み。代わりに、ゆるカワ神仏の謎に迫ります。国東仁王さまは、来る者を威嚇するというよりむしろ歓迎ムード⁈

魔境のゆるキャラ

 国東半島を初めて旅したときの印象をひとことで言うなら、それは魔境だった。秘境ではなく魔境。大分空港も隣接し、人里はなれた山奥というほどでもないはずなのに、まるで異界のような雰囲気。おそらくそう思ってしまった理由のひとつが、半島内のあちこちで見られる磨崖仏や石造仁王ではないかと思う。かつては修験道が発達していただけに、神仏の影が濃いのだ。

 とくに石造りの仁王像にはそこらじゅうで出会った。仁王といえばたいてい神社仏閣の門前に立ち、訪れる人を厳しく睨みつけているものだが、国東半島では必ずしも睨みつけておらず、ユルい仁王が多い。表情が人懐こいものや、胴長短足で顔がでかいなど体躯もアンバランスだったりして、ちっとも怖くないのである。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

こんな姿の神仏もありなのか! 超弩級のゆるカワ323体が史上空前の大集結

この連載について

初回を読む
ニッポン脱力神さま図鑑』の今日の神さま

宮田珠己

こんな姿の神仏もありなのか! ヘンな形の目利きにして脱力系エッセイの名手・宮田珠己が、構想・取材に丸4年をつぎ込み、日本各地の路傍から超弩級のゆるカワ神仏323体をスカウトした『ニッポン脱力神さま図鑑』。コロナのせいで延期となる...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tsutsuuryaurya1 国東仁王さまがかわいいのは、日本人が昔からヘタウマ好きだったせい? 詳しくはcakes連載で。 https://t.co/USfb10LQ8d #ニッポン脱力神さま図鑑 #仁王 #国東 #大分 https://t.co/ucT9qZYs1W 2ヶ月前 replyretweetfavorite