桃山商事の恋バカ日誌

​うまくいく復縁とうまくいかない復縁の違い

「失恋ホスト」として数々の恋愛相談を受けてきた恋バナ収集ユニット「桃山商事」の3人が、さまざまな角度から恋バナ談義を繰り広げるこの連載。今月から「復縁」をテーマにお届けしていきます。今回は、うまくいった復縁とうまくいかなかった復縁のエピソードをご紹介。清田さんと森田さんも過去に復縁した経験があるそうで......。

【登場人物】

清田隆之
桃山商事・代表
1980年生まれの文筆業

森田雄飛
桃山商事・専務
同じく1980年生まれの会社員

ワッコ
桃山商事・係長
1987年生まれの会社員

復縁がうまくいった理由

清田 桃山商事の恋バナ連載、今月は「復縁」について語っていきます!

ワッコ 珍しく、恋バナの王道とも言えるテーマですね。

森田 我々の恋バナはニッチなテーマが多いから……。

清田 たまにはこういうストレートなのもいいんじゃないかなと思って。

森田 じゃあまずは、復縁がうまくいったというエピソードを紹介したいなと。これはひろみさんという20代女性がニコ生番組に寄せてくれたエピソードで、それまで一度もケンカをしたことがなかった彼と、会えないことが積み重なって険悪になり別れてしまったんだって。

ワッコ 落差が激しい……。会えないのはどっちに原因があったんですか?

森田 彼の方が趣味や仕事に忙しくて、デートのリスケやドタキャンが続いていたみたい。それで彼女が不満をぶつけたことが別れのきっかけになったらしいんだけど。

清田 なるほど。

森田 ここからが復縁の話です。

2ヶ月ほどで彼から連絡があり、復縁しました。彼と会わない状態にすっかり慣れてしまったからか、会えない状態が全く気にならなくなり、復縁してからの方が関係が上手くいっているような気がします。別れた直後は「彼に不満を言わなければ……」と後悔したりもしましたが、一度別れたことで結果的にモヤモヤを取り除くことができたので、これはこれで正解だったかもと思っています。

清田 雨降って地固まる……! それにしても、モヤモヤが気にならなくなったのはなんでなんだろう。

森田 自分の気持ちをちゃんと伝えられたことが大きかったんじゃないかな。一度もケンカをしたことがなかったわけだから、おそらくそれまでの彼女は、不満があっても自分の中に抱え込んでいたのではないかと。

清田 これまで我々が聞いてきた復縁話では、戻ったもののやっぱりダメでうまくいかなくて別れるケースが多いじゃない? だから、結構珍しいケースだなと思った。

ワッコ 彼女の方がアップデートされてる感じがしますよね。

森田 俺がちょっと気になったのは3ヶ月で戻ったというところで、別れというより期間の長いケンカだったんじゃないかなって。「距離を置いていただけ」というか……。

清田 その印象もわかるんだけど、一回正式にピリオドを打つのは、なんだかんだ大きいことだと思うのよ。ひろみさんのマインドが変化したのは、実際に別れたからこそなんじゃないかな。

森田 なるほど。

清田代表の復縁プロジェクト

森田 清田はこういう短期間の復縁を経験してるよね。

清田 ひろみさんと同じく、3ヶ月で復縁したことがあります。

ワッコ どういう経緯で復縁に至ったんですか?

清田 そもそも俺が振られた形だったんだけど、諦めきれなかったからこちらからアプローチしました。復縁するための本を読んだりネットの復縁サイトを見たりと、かなり研究した。

ワッコ 清田さんがノウハウを研究するのって、ちょっと意外……。

森田 具体的にはどういう行動をしたの?

清田 幸い彼女とは別れた後も音信不通状態にはならなかったから、たまに連絡を入れたり、用事を作ってお茶したりすることもあった。元々友達だったっていうのが大きいと思うんだけど。

森田 見た目上は友人関係に戻ったってことね。

清田 とにかくその期間は、「復縁したい」というムードを一切感じさせないようにしたあと、メールを送る時もかなり気を使って、疑問文は使わないようにしたりとか。

ワッコ 「返さなきゃ」って負担になるからですか?

清田 そうそう。復縁本に「疑問文を送るな」と書かれてたから、忠実に守りました。

森田 マニュアル通り(笑)。

清田 会っても用件が済んだらすぐ帰るとか、別れ際もできるだけあっさりするようにして。彼女にポジティブな気持ちになってもらえるように「いい時間を作ること」だけを意識しました。

ワッコ それも復縁本に?

清田 書かれてました。そういうことを地道に続け、3ヶ月後に復縁を打診したところ、OKをもらうことができた。

森田 ちょっとしたプロジェクトみたいだね……復縁を通して何か変化はあった?

清田 俺自身の変化としては、別れている3ヶ月の間に自分中心的な考え方を反省できたのが大きかった。当時は自分の仕事や興味で頭がいっぱいで、生活や人生に彼女のことを真剣に組み込むという発想自体がなかったのよ。あと、予定詰め込み病みたいなのもあって、彼女との約束に他の予定が被ったら、それを合わせちゃったりもしたし。

森田 抱き合わせ商法……かつての清田は、そういうことをよくしてた印象がある。

清田 彼女に振られたときには「キヨタ、全部は無理なんだよ」って言われた。

ワッコ ちょっと暗号みたいですね。

清田 抽象的ではあるんだけど、自分のよくないところを言い表された気がした。あの言葉があったから、別れている期間に反省できたんだと思う。

森田 復縁した後はどうだったの?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
桃山商事の恋バカ日誌

森田雄飛(桃山商事) /清田隆之(桃山商事) /ワッコ(桃山商事)

2001年の結成以来、「失恋ホスト」として1000人以上の男女から恋のお悩みやエピソードを聞き続けてきた恋バナ収集ユニット「桃山商事」がお届けする、新感覚の恋バナ談義。普段ほとんど語れることのない恋愛の様々なテーマを毎回ひとつ取り上げ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sukuwet2 うまくいく復縁とうまくいかない復縁の違い|清田隆之( ..................。 4ヶ月前 replyretweetfavorite

tabisuruneko3 面白い なんかどんどん読み物としての面白さが増している感じがある https://t.co/vzEmBzTlIP 4ヶ月前 replyretweetfavorite

granat_san うまくいく復縁とうまくいかない復縁の違い|清田隆之( 基本はうまくいかないと思った方がよさそう。 4ヶ月前 replyretweetfavorite

momowakko cakes連載、今月から「復縁」をテーマにした回が始まりました。今回は清田と森田の復縁経験を振り返り、「うまくいく復縁とうまくいかない復縁の違い」について考えました。 https://t.co/gzL3xgHLaL 4ヶ月前 replyretweetfavorite