やりたいことだけやればいい。「元アイドル」の働き方改革

2020年1月にHKT48を卒業したばかりの朝長美桜さんと、元SDN48の作家・女優の大木亜希子さん。ともにAKB48グループ出身の「元アイドル」であるおふたりの対談を、5回にわたってお届けします。最終回のテーマは、「仕事への向き合い方」。アイドルを卒業してから個人で活動する上で変わった価値観や、今後の目標などを率直に語っていただきました。(司会:小沢あや、撮影:平野太一)

独立して、好きなことを自由にやれるようになった

──アイドル時代と、卒業して個人活動をするようになってからと、仕事への向き合い方で変わったことは?

大木 やっぱり、ひとりでコンテンツをつくるのって楽しいなと。アイドル時代は全体のバランスがあったし、MCとかも先輩優先だと思って、勝手に遠慮がちになってしまって(笑)。自分から発信ができずにいたんですよ。数年間つぶやきたいことをずっと我慢していたから、今それが爆発していろいろ書くことができているのかなと感じていますね。

朝長 グループだと人数も多いですからね。私は、現役の頃に始めたYouTubeが「自由にやれる場所」でした。グループではできないこと、やりたいことを全部やっていこう! と。

大木 個人のアカウントだと、ひとりの人間として発信できるようになりますよね。

朝長 アイドルの主力ファンは男性だから、メイクとかファッションとか、みんな興味ないんですよ。でも、私は好きなことを話したいし、発信したい、共感してほしいという気持ちが強くあって。

──YouTubeでは、発信内容をガラッと変えたんですよね。同世代の女性向けに。

朝長 そうですね。最初はいろいろ言われたんです。「誰得なんだ」とか「そんなことやっても意味がないんじゃないか」とか。でも、これが私のやりたいことだから、応援してくれる人たちとやっていきたい! という気持ちでスタートしました。それが今につながっているので、勇気を出して取り組んでよかったなと。

──表に出て発信するということは、矢面に立つということでもありますよね。疲弊しないよう、メンタルコントロールのために意識していることは?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

元アイドルが57歳のおっさんと同居!? 元SDN48の作家・大木亜希子の実録私小説。

この連載について

初回を読む
対談】大木亜希子×朝長美桜 「元アイドル」たちのあたらしい生き方

朝長美桜 /大木亜希子

2020年1月にHKT48を卒業したばかりの朝長美桜さんと、元SDN48の作家・女優の大木亜希子さん。ともにAKB48グループ出身の「元アイドル」であるおふたりの対談を、5回にわたってお届けします。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

u_ushiro アイドルか否かよりも、どうなりたいかを表明するかしないかなんだろうな。元アイドルはそれがよくわからない人が多い気はする。要するにアイドル卒業してからも推させてくれてありがとうの気持ち。 https://t.co/TW5EtUq0kW 9日前 replyretweetfavorite

hibicoto 「元アイドル」たちのあたらしい生き方って? 元HKT48朝長美桜さんと、元SDN48の作家・女優の大木亜希子さんの対談、全5回連載です。 13日前 replyretweetfavorite

30_mio_0517 大木さんとの対談が公開されました🍃 ぜひチェックして下さいね〜🌼 https://t.co/nRkhaUfx6Z 14日前 replyretweetfavorite