20代なら恋愛するの当たり前だよ」と言ってくれたファンの愛

2020年1月にHKT48を卒業したばかりの朝長美桜さんと、元SDN48の作家・女優の大木亜希子さん。ともにAKB48グループ出身の「元アイドル」であるおふたりの対談を、5回にわたってお届けします。第4回のテーマは、「SNSとの付き合い方」。自身が気持ちよくいられるSNSとの距離感や、アイドル時代からのファンとの関係について聞きました。(司会:小沢あや、撮影:平野太一)

どこまで書く? 発信のマイルール

──お二人はブランディングにも長けている印象ですが、発信する上で設定しているマイルールはありますか?

大木 私は恋愛も仕事も、実体験を文章で発信していることが多いので、なんでも「その時の気持ちをすぐ書く」かな。ただ、深夜に気持ちが高ぶったまま書くと危ないので、必ず一晩寝かせますね。翌朝、冷静に読み返して、大丈夫だったら公開する、という流れです。普段だったら、信用している第三者にも読んでもらいます。

朝長 私は、「楽しいことしかやらない」ですね。無理しても続かないし、反応だけじゃなくて、自分自身が自由でいられることが大事かなと。

──具体的な発信内容についてはどうでしょうか。

大木 私は恋愛や仕事の失敗談も文章にしているので、「自分の身を切り売りしてるんじゃないか」「自分を消耗しないでね」と言われてしまうこともあるんです。けど、そんなつもりはまったくないんですよ。自分でしっかり決めているのは「自尊心を傷つけるような発信はしない」。「私はダメ人間」じゃなくて「私はこういう人間だけど、こう立ち上がりました」と、最後まで書くようにしていますね。

朝長 私は逆に、もっと自分を出さなきゃいけないなと思っています。自分の気持ちを伝えるのが得意ではないんですけど、言わなきゃ伝わらないなって。今は、自分を出す練習中です。

1ヶ月間のSNS断食で得たもの、手放したもの

──大木さんは「SNS断食」もしていましたよね。仕事の告知などにも活用しているSNSの更新をやめるのは、勇気が必要だったのでは。


大木 今年の1月に、すべてのSNSの更新と閲覧を4週間ストップしました。友達や仕事関係者、憧れていた方など、すべてのフォローを外して、情報を拾うのをやめたんです。ちょうど自分が疲れてきたタイミングだったので、うまくハマりましたね。

──SNS断食で得たものは?

大木 もともと、暇さえあればエゴサーチをしていたんですけど、いかに自分が振り回されていたかを実感しました。生活に注力して、自分自身の感性と向き合う大切さがわかりましたね。人との交流についても「会うと好きだけど、Twitterの発言内容が辛いな」っていう人もいたので、無理せず距離をおいてみてよかったなと。

朝長 私も、一度はSNS断食をしてみたいな、という気持ちもあります。でも、今のわたしにはきっとできないだろうな。いつかしてみたいですね。

──大木さんは、今はフォローを復活させるなど、SNSを再開しているんですよね。どんなスタンスで付き合っているのですか?

大木 今では「SNSを使っても、SNSに使われない」というスタンスで利用するようにしています。私自身、これまでSNSでの発信が仕事につながったり、SNSがきっかけで素敵な記事や本を知ったりと、普段から便利さは享受しています。技術としてのSNSやネット自体を悪者と考えたことはありません。問題は向き合い方であって、「顔の見えない世界でも知性を持つ」ことが大事だと分かりました。

SNS断食を通して、自分が得たい情報は「HSPという人間の性質に関する問題だった」とか、「ジェンダーの関する話題だった」とか、本来の自分の姿が見えてきて驚きました。

あの経験を経たからこそ、クリアなマインドで「できるだけ人を傷つけない文章」を模索するようにもなって。たとえばTwitterなら140文字で知性ある投稿を心がけるようになったし、実生活を豊かにしたいから日常に一輪の花を取り入れるようになったし、お風呂にゆっくり入浴できるようになって、いいこと尽くしですよ(笑)。SNSで無理に華やかな生活を見せずとも、自分の心地よい家具や日用品に囲まれているほうが幸せだと思うようなりました。

アイドル時代のファンは恋愛も応援してくれる

──おふたりは、自分の強みなどの分析はどうやって行っていますか?

大木 私は、とにかくエゴサーチ。noteや外部メディアに寄稿した記事に対する感想を追っています。朝長さんは?

朝長 自分のSNSのコメント欄は見るけど、Twitterでエゴサーチとかは基本的にしないですね。コメント欄だと、ファンの方がついてきてくれている実感というか「やりたいこと応援するよ」という空気があるので、安心して読めるんです。

大木 ファンの方は24時間体制で私のことを見てくれるし、自分自身が気づいていない能力も発見してくれる。本当にありがたいですね。私、ずっと自分に自信がなかったんですけど、アイドルであってもそうでなくても、自分の書いたものに価値があると思ってもらえれば、ついてきてくれる人はいるんだなって。

──新規の方々に向けての発信を強化しているものの、一番の支えはファンの方々なんですね。

大木 精鋭しかいないですからね。私みたいに30代になると、もう「素敵な恋があったら、俺たちは応援するよ」くらいの温度感。ずっとついてくれきてくれているファンは、みんな家族レベルで信頼している人たちですね。

朝長 私も、本当に信頼しています。怪我で活動を休止していた時期も、ずっと待っていてくれたので。

大木 思った以上に、ファンの人の愛って大きいんですよね。私が恋愛のことを書いたときも「こんな悩みを持っていたんだね」「復活してよかったじゃん」と思ってくれる。

私が書いた『人生に詰んだ元アイドルは、赤の他人のおっさんと住む選択をした』(祥伝社)という私小説のAmazon感想レビューに「こんなに恋愛のことを赤裸々に書いて、アイドルのイメージを壊さないで」みたいなコメントもあって、正直その言葉がショックで臆病になっていたんですけど、昔からのファンの方が直接「20代なら恋愛するの、当たり前じゃない? 僕も奥さんいるし」と言ってくれたんですよね。それでやっと「アイドルは卒業したし、今は人間活動してるからごめんね!」って、吹っ切れたんです。

朝長 私はまだ恋愛の話とかはないけど、アイドルじゃなくなっても、引き続き応援してくれるって、すごいことだなと。ずっと大切にしていきたいです。


大木亜希子さんのnoteはこちら

朝長美桜さんのnoteはこちら


元アイドルが57歳のおっさんと同居!? 元SDN48の作家・大木亜希子の実録私小説。

この連載について

初回を読む
対談】大木亜希子×朝長美桜 「元アイドル」たちのあたらしい生き方

朝長美桜 /大木亜希子

2020年1月にHKT48を卒業したばかりの朝長美桜さんと、元SDN48の作家・女優の大木亜希子さん。ともにAKB48グループ出身の「元アイドル」であるおふたりの対談を、5回にわたってお届けします。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

thinktink_jp "私が書いた『人生に詰んだ元アイドルは、赤の他人のおっさんと住む選択をした』(祥伝社)という私小説のAmazon感想レビューに..." https://t.co/DHlC42tiu8 https://t.co/F8RaFklPm8 #drip_app 5日前 replyretweetfavorite

kumanchu_ #朝長美桜 6日前 replyretweetfavorite

guilty_beast |【対談】大木亜希子×朝長美桜 「元アイドル」たちのあたらしい生き方|朝長美桜/大木亜希子|cakes(ケイクス) 私もガチ恋オタク辞めて潔い大人なオタクになりたい https://t.co/z1o6YNN7PO 6日前 replyretweetfavorite

283_mio_oshi 続き来てた🥰 #朝長美桜 #みおちゃんアピ活 6日前 replyretweetfavorite