ゆるカワ神仏の謎「鳥居は鬼コの乗り物だった⁈」

ヘンな形の目利きにして脱力系エッセイの名手が、丸4年かけて日本各地の路傍から超弩級のゆるカワ神仏323体をスカウトした『ニッポン脱力神さま図鑑』。コロナのせいで出版延期となるも、5月27日にようやく発売! それを祝って、 ゆかいな神さまたちが毎日交代でお出ましくださっていますが、日曜日はお休み。代わりに、ゆるカワ神仏の謎に迫ります。今回は鬼コ編。鳥居は鬼コの乗り物だった⁈

鳥居にちょこんと

 鬼コのよさは、一般に人々を脅かす存在である鬼が村の神様を守っている珍しさももちろんあるけれど、なにより鳥居にちょこんと載っかっているかわいらしさと、その造形に巧まざる味が出ているところがいい。

 神社を回って鳥居を確認し、遠目に鬼コが載っているのを発見するときは、わくわくする。

 もともと線だけで構成されている鳥居という殺風景な構造物には、こういうぬくもりを感じさせる造形が欠けていたと、鬼コを見て思う。鳥居は鬼コの乗り物だったとさえ言いたいぐらいだ。鬼コが載ることで鳥居は完成したのである。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

こんな姿の神仏もありなのか! 超弩級のゆるカワ323体が史上空前の大集結

この連載について

初回を読む
ニッポン脱力神さま図鑑』の今日の神さま

宮田珠己

こんな姿の神仏もありなのか! ヘンな形の目利きにして脱力系エッセイの名手・宮田珠己が、構想・取材に丸4年をつぎ込み、日本各地の路傍から超弩級のゆるカワ神仏323体をスカウトした『ニッポン脱力神さま図鑑』。コロナのせいで延期となる...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tsutsuuryaurya1 「鳥居は鬼コの乗り物」説、の件! 詳細はcakes連載で。 https://t.co/CZdlqy4lxU #ニッポン脱力神さま図鑑 #鬼コ #津軽 #青森 https://t.co/EiK05UB5jc 3ヶ月前 replyretweetfavorite

chogiyo そうそう、「実は適当」っていう伝統が世の中を作ってきたのだと思う。 3ヶ月前 replyretweetfavorite