完璧主義をやめたら自分を許せるようになった

完璧主義を目指してできない自分を責めるのではなくて、できるようになった自分を見つめることで成長を感じられるようになる。
著者が気づいた日々の考えを、7月2日発売のコミックエッセイ『がんばらなくても死なない』からお届け!(毎週土曜更新)

完璧主義を捨ててできるようになった部分を見るようにしよう

機嫌のいい私は自分で守るようにしよう

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載はこちらの書籍からお届けしています

コルク

この連載について

初回を読む
がんばらなくても死なない

竹内絢香

無理してがんばるのを諦めたら、生きるのがラクになった。 長年の夢を果たすため、会社を辞めて漫画家になった著者。だけど全然売れず・・・他人と比較してできない自分を責める日々を過ごしていた。そんな著者が「無理してが...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

juni_ca_wa_ii なんちゅうか、掲げる目標とのかい離が大きすぎると陥るジレンマですかねぇ。事実の認識って難しいからなぁ。 4ヶ月前 replyretweetfavorite

restart20141201 https://t.co/6WJvZoUtkS 4ヶ月前 replyretweetfavorite

56yu_ めちゃくちゃ私だこれ…すっごいすっごいわかる…ああああああああああ! 4ヶ月前 replyretweetfavorite

ghntyodi 人を許せない時にも自分の機嫌を取るのは有効と思いました^_^ 4ヶ月前 replyretweetfavorite