縦社会原理主義教に気をつけろ【第6回】日本人よ、ドンカンであれ

日本の「縦社会のお約束」が身に染みついていると、海外での人間関係を築くのに邪魔になるというMay_Romaさん。では、逆に、海外に出てすぐに現地に馴染める人はどんな人なのでしょうか。May_Romaさんが挙げた共通点は……ずばり「ドンカン」であること。ドンカンだと、海外でどう有利になるのか、日本人なら驚くに違いない海外のテキトーぶりに触れつつ、説明していきます。

前回までのコラムを復習しますと、つまり海外に行って現地に馴染みやすい人というのは、異なる土地に行けば人間関係の前提とするものが全く異なるんだということを理解している人、ということになります。

日本の縦社会原理主義教というのはあくまであの地域で通用する関係性であって、他のところに行くと通用しない、と分かっている人ですね。

本で読んだりして理屈で納得する人もいるのですが、これがなかなか、本当に理解するというのは難しい。

特に日本にずっと住んでいた場合、頭の中にある前提以外の価値観がないわけで、新しい土地で新たに学び直さなければならない。学び直すには、現地の文化なり言語なりの理解が重要なので、それが不十分だと消化不良を起こしやすい、というわけです。海外に出て友達ができない、相手を怒らせてしまった、という人の中には、人間関係に関わる現地の文化なり前提条件なり、言語なりの理解が不十分ということが往々にしてあります。

日本式の縦社会原理主義教の前提で相手に接するので、「わけのわからない奴だ」とか「随分失礼な奴だ」と思われてしまうことがあるわけです。失敗がトラウマになってしまうと、日本社会に閉じこもってしまう、ということも往々にしてあります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
世界のどこでも生きられる

May_Roma

海外居住経験、職業経験をもとに、舌鋒鋭いツイートを飛ばしまくっているネット界のご意見番・May_Romaさん。ときに厳しい言葉遣いになりながらも彼女が語るのは、狭い日本にとじこもっているひとびとに対する応援エールばかり。日本でしか生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

taka_msym このコラムちょうど手鼻かみながら読んでたわwww 5年弱前 replyretweetfavorite

danpansa これくらいならあるな「周囲がみんなラーメン頼むのが当たり前というかお約束なのに「俺そば食べたいからそばにして」といっちゃう人。」【第6回】日本人よ、ドンカンであれ| 5年弱前 replyretweetfavorite

ayakahan 犬のウンチ踏むとムカついてしまう私はまだまだねん。: 約5年前 replyretweetfavorite

ko_kishi 声に出して読みたい至言。www >> "ご飯は炊飯器から直接食べましょう。食器洗い洗剤の節約になります。" 日本人よ、ドンカンであれ|May_Roma|cakes http://t.co/7ALvJ8qG4T 約5年前 replyretweetfavorite