レンジでしっとり鶏チャーシューがつくれるワケ

今日は、電子レンジで鶏チャーシューをつくります。一般的には、肉の加熱に電子レンジは向かないものですが、ちょっとした工夫を施すことでレンジで簡単にお肉料理がつくれます。ぜひお試しください。

以前、電子レンジの加熱原理を説明した際「レンジが得意なのは85%〜95%が水分の野菜類の加熱。逆にタンパク質が多く、水分含有量が70%ほどである肉類は苦手ということになります」と説明しましたが、今回は鶏肉をレンジで調理します。苦手な肉類も工夫をすることでおいしく調理できるからです。

ポイントはキッチンペーパーで保湿をしながら加熱すること。また、レンジ調理では焦げ目がつかないので、その分を醤油と砂糖で補うのもコツです。


鶏肉チャーシュー

材料

鶏もも肉、または胸肉…1枚

〈たれ〉*多めにできます
醤油…大さじ2+1/2
酒…大さじ2
砂糖…大さじ2

1.鶏もも肉を皮目を下にしてキッチンペーパーに置き、巻き込むようにして包み、円筒型にする。

2.1をラップにのせ、醤油、酒、砂糖を混ぜた液体を染み込ませる(キッチンペーパーの種類によって量を加減する)。その後、ラップで二重に包む。

3.鶏肉の大きさにあう陶器か耐熱ガラスのボウルに入れ、ふんわりとラップをかける。600wのレンジで2分加熱する。裏返して2分加熱し、最後に裏返してもう2分加熱する。たれが焦げるようであれば足す。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
おいしい」をつくる料理の新常識

樋口直哉

食の博識、樋口直哉さん(Travelingfoodlab.)が、味噌汁、ハンバーグ、チャーハンなどの定番メニューを、家庭でいちばんおいしく作る方法を紹介します。どういう理由でおいしくなるのか、なぜこの工程が必要なのかを徹底的に紹介し、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

utukusiiumi1990 #スマートニュース 4ヶ月前 replyretweetfavorite

HORIGON69 鶏肉に火を入れる。しらいさんのポリ袋水漬けレンチンも良かったが樋口さんのキッチンペーパー&ラップレンチンもうまくできる。うちは容器の関係で樋口さんのやり方がスタンダードになりそう。https://t.co/vFSSxGclHi 4ヶ月前 replyretweetfavorite