縦社会原理主義に気をつけろ【第3回】アラフォー主婦・ミユキの場合(後編)

前回に引き続き、日本型の縦社会原理主義教にこりかたまった主婦・ミユキさん(仮名)の脳内を分析していきます。ミユキさんに限らず、日本人に多く見られる縦の人間関係を気にする人は、海外に出たときに大恥をかく可能性が高いのです……。「自分はこれほどではない」とお思いの方も注意深く読んでみてはいかがでしょうか。

前回のコラムでは「縦社会原理主義教」の代表者であるアラフォーの元レースクイーン、ミユキさんの脳内を分析しましたが、今回はその続きです。ちなみにこれはリアルな存在にインスパイヤネクストされたフィクションでありまして、実際にこういうクソみたいなアラフォーの元レースクイーン様というのにワタクシは対面したことがございました。見事な「縦社会原理教」でありまして、何度このレースクイーン様のパンツに納豆を詰め込んでやろうかと思ったかわかりません。

さて、ミユキさんの発言をさらに分析いたしましょう。

● 車はクラウンよ、クラウン!!

見た目はヤクザの車ですから全然自慢になりませんね。そもそも先進国でそこそこお金のある人の間では、車を自慢するのは「成金かっぺ」の証拠にござります。車を自慢する人の代表はギャングスタラッパーですね。でかくてキラキラだとグーです。ミユキさん、立派なカッペマインドを発揮しておられます

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
世界のどこでも生きられる

May_Roma

海外居住経験、職業経験をもとに、舌鋒鋭いツイートを飛ばしまくっているネット界のご意見番・May_Romaさん。ときに厳しい言葉遣いになりながらも彼女が語るのは、狭い日本にとじこもっているひとびとに対する応援エールばかり。日本でしか生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Ynesugi レースクイーンが自慢の日本って(世代にもよるけど)。。確かに不思議! 4年以上前 replyretweetfavorite