病院が消える#10】東大病院は大丈夫か? 相次ぐ医療事故隠しの真相

日本の医療界に長らく君臨してきた東京大学医学部附属病院で、医療事故が相次いでいる。再発防止策を十分に取らず、事故を公表しないケースもある。

 日本の医療界に長らく君臨してきた東京大学医学部附属病院で、医療事故が相次いでいる。再発防止策を十分に取らず、事故を公表しないケースもある。

 2018年11月22日、東大病院循環器内科の金子英弘医師は、福岡市内で九州から集まった心臓病治療の専門医たちに講演した。

 テーマは「 Mitra Clip(以下、マイトラクリップ)をわが国の循環器診療にどう活かすか?」。マイトラクリップはアボット社が開発。カテーテルを使った最先端の心臓病治療法で、日本では18年4月に保険適用が始まったばかりだ。

 ドイツ留学でマイトラクリップを学んできたという金子氏は、東大病院で実施した5つの事例を挙げながら、こう強調した。

 「外科手術とは違って安全性が高いのがマイトラクリップの大きなメリットだ」

講演で隠された6例目 基準下回る患者に実施
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません