超越した人間性」を現実の人間に求めない

遠距離恋愛の相手との関係に悩む今回の相談者。まさしく「なんで僕に聞くんだろう。」の恋愛相談ですが、幡野広志さんは相談者の文面になにかを感じたようです。幡野さんが恋愛相談をどう思っているのかが語られた対談とあわせてお楽しみください。

※幡野広志さんへ相談を募集しています。専用フォーム(匿名可)からご応募ください。

こんにちは。
「何で僕に聞くんだろう?」というコーナー名に惹かれて悩みを書き込むことにしました。
恋愛の話です。

社会人数年目になり、人生で初めて恋人が出来ました。
出会いはゲームのオフ会だったのでお互いに趣味なども合致していて、通話をしていて苦にならない人間性の人だったので私から押しまくって付き合ってくれることになりました。
ただ、初めてのお付き合いで遠距離なのでいまいち恋人として何をしたらいいのかどんな感じに対応すればいいのかが分かりません。
漫画を読んでもアニメを見てもネットで検索しても、第一に出てくるのは「遠距離恋愛は避けましょう」でした。無理です。
一応、遠距離恋愛をし続けるのは私が嫌だなと思っているのと自分のキャリアアップのために、恋人と気軽に会えるくらいの距離の職場にいずれ転職しようと思っています。
恋人はというと、今までに何回か他の人と付き合ったことがあるらしいのですが相手が全員遠距離だったそうです。ちなみに私が今までで1番遠い距離らしいです。なので割と安定して日常を送っています。
私は今まで自分はかなり精神的に同年代よりも落ち着きがあって感情を表に出さない理性的な人間に近いと思っていたのですが、この会いたいけど会えないという点に関して、ものすごくストレスを抱えているということに気付きました。仕事もあるし盆正月も普通に出勤しなきゃいけないので、休みの日がほとんど被りません。会えません。
近くにいるけどお互いに仕事や体調の都合がつかないから仕方がないね、と選択して会わない分にはいいのです。ただ、交通費や移動距離や移動時間のことを考えるとそもそも「1年間に何回でも会える」という選択肢を潰されている事が気に食わないのです。

たまにTwitterで発狂しているのを見かねてか「自分がそっちに遊びに行けるように仕事頑張るから」と慰めてくれるのですが、そういう恋人への不満ではありません。私も恋人もそもそも「気軽に会う」という選択肢がないのです。その点にものすごくストレスを感じてしまい、たまにコンクリートの壁を殴ったり(※痛いので推奨しません)、暴言を吐いたり(※1人でいる時のみにしてます)、幻覚を見たりしてストレス発散しています。

遠距離恋愛とはこのようなものなのでしょうか?
恋人の安定感を見ていると何かが違う気がしてたまりません。
もっとこのような俗物的な感情をなくして、私が恋人の隣の立場に立っても負担にならないような超越した人間性を持って人生を過ごせるようになりたいです。

(プリズム 27歳 女性)

「別れるのが寂しいし もう会えないと思うからときめくの それを愛と勘違いしてる」これはさいきん、ぼくがどハマりしている韓国ドラマ『愛の不時着』でのセリフです。

恋愛ドラマってあまり興味はないのですが、このドラマは北朝鮮の生活をユーモアと人情と恐ろしさで描写されていて、すごくおもしろいです。そして恋愛に関するものだけでなく、セリフの一つ一つにドキッとさせられます。

セリフでは 「愛と勘違いしてる」といっていいますが、ときめきは愛ではないかもしれないけど、それが愛になるか憎悪になるか失恋になるか、未来なんてわかりません。

愛が恋愛のゴールなのだとしたら、ときめきはスタートであって、どういうルートを進むかでいかようにも変わるとおもうんです。ときめきを愛と勘違いしていたらダメかもしれないけど、誰かにときめくってとても素敵なことだし、ときめかないと恋愛がはじまらないですよね。

さきにいっておきますけど、ぼくに恋愛相談をするのってあんまりいい手段だとはおもわないんですよ。ぼくは恋愛に長けているわけじゃないので、あまり参考にならないとおもいます。

ぼくに写真の相談をするのはいいとおもうんです、だって写真家ですから。ぼくに美味しい食べものの相談をするのもいいとおもうんです、だって美味しいものを食べてデブになったわけですから。ぼくがいまときめいているのは燻製した柿の種ですよ、だから恋愛の話はカロリーゼロぐらいで聞いてください。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。

幡野広志

写真家・幡野広志さんは、2017年に多発性骨髄腫という血液のガンを発症し、医師からあと3年の余命を宣告されました。その話を書いたブログは大きな反響を呼び、たくさんの応援の声が集まりました。想定外だったのは、なぜか一緒に人生相談もたくさ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ameringoxx ゲラっゲラ笑ってしまった、相談者さんごめんね。でも間違いなく中二病だよ。 19日前 replyretweetfavorite

f_a_ff_a_f 相談者の人、たぶんおたくだろうな……って思いながら読んでたら「あなたは中二病です」って断定されており共感性羞恥を感じちゃった 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

kurishi_orikabi 幡野恋愛インチキクリニックで爆笑しちゃった 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

egu_Micch バッサリ切っているけど落ち着けと言っている感じ 誰しもあるさ 約1ヶ月前 replyretweetfavorite