​SNSが生んでしまう裸の王様

今まで出会えなかった人たちと、SNSを通じて気軽に繋がれるようになった時代。世界中の開かれるようでいて、とっても狭い世界の裸の王様がたくさん生まれています。なぜSNSから裸の王様が生まれてしまうのでしょうか。

実験的にサークルを作ってみた

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

このcakesの姉妹サービスのnoteで「サークル機能」というサービスが始まりまして、僕、実験的にコロナの時期の1ヶ月間だけ使ってみたんですね。

1ヶ月の会費は500円で、「どこからが浮気か」とか「もし自分の人生が映画になるとしたら、自分の役は誰に演じてもらうか」とか「もし人生やり直しができるとしたら」って感じのお題を僕が毎日出して、会員のみんなにわいわい書き込んでいただくというものだったんです。

これ、すごく盛り上がりまして、サークル内でみんなが仲良くなって、「ああ、これでオフ会とかができれば、すごく大きい輪になっていくんだろうな」と感じました。

それで感じたのは、「僕のオンラインサロン」というよりも、「美術を語るサークル」とか「ジャズ好きサークル」とか「お料理サークル」とかにして、月会費も100円とか安めに設定して、「日本の美術界に必要なことは?」とか「日本人ジャズミュージシャンでオススメは?」とかってトピックをたてて、何度もオフ会をして、「大きいサークル」にして、そこでリサーチしたり、そのサークルでイベントをやったり、新しい文化の流れを作ったりした方が良いと思いました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

10ricedar 「安め」が「休め」になっている SNSが生んでしまう裸の王様| 30日前 replyretweetfavorite

Lave_chamo なんとなくこれ、思ってた、自分が思ってる事を相手も思ってるって限らないしねぇ 共感したければすれば良いし、違うならそれで良いし SNSが生んでしまう裸の王様|林伸次 @bar_bossa | 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

elba_isola SNSが生んでしまう裸の王様|林伸次 @bar_bossa |ワイングラスのむこう側 すごくわかるーと思った。話が逸れるけど、紙の新聞が好きなのは興味ない話も事件も読むことができるから。自分の視野は狭く偏ってることを認識できるから。 https://t.co/95Vu6jtxh3 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

kawac "みんなが裸の王様になる可能性があって" と考える方は、裸の王様になることは少ないんじゃないかと思う哺乳類。 ※担ぎ上げられた場合は除く - SNSが生んでしまう裸の王様|林伸次 @bar_bossa | 約1ヶ月前 replyretweetfavorite