手越祐也らによる「匿名女性」の扱い

先日ジャニーズ事務所からの退所し、記者会見を開いた手越祐也。コロナ禍での行動が批判されている彼ですが、武田砂鉄さんはどのように見ているのでしょうか。

相手が非・有名人だからこそ

それぞれ事情も状況も異なるが、渡部建にしても、手越祐也にしても、霜降り明星・せいやにしても、箕輪厚介にしても、「スキャンダル」と称される出来事に、具体名が明示されるわけではない「女性」が登場する。それぞれの場合において、彼女らに向けて、「(誘いに応じるor後になって告発する決断を下した)その人たちもその人たちだよ」という口撃が一定数向けられる。直接名指しで叩かれる有名人に対し、匿名性が維持される様子に乱雑な声がぶつけられるのだが、おおよその場合、「女性の匿名性(=非・有名人)にすがった行動」を起こしたのは、有名人である男性のほうである。それぞれの行動が、相手は自分のように有名ではない、という前提にすがっていた。

有名人側の支持者は、その手の非・有名人に対して「名乗り出ないくせに」と凄むのだが、自分が好んでいる有名人が、非・有名人を選んでそういうことをしたのではないか、と疑うべきだと思う。でも、あまり、そういうことをしない。しない理由は見えない。だって支持者だから、なのか。それって、理由になるのだろうか。以前、セクハラ事件の告発にかかわった友人と話していたら、権威的なポジションにある加害者が「価値のある自分の人生をよくわからない女に無茶苦茶にされてはならない」という心根を漏らしていたのだという。で、その価値を、それでも支持し続ける人たちが高め続けたという。

一段下に見ている感じ
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

武田砂鉄さんの新刊です

わかりやすさの罪

武田 砂鉄
朝日新聞出版
2020-07-07

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

moxcha 男性アイドルが周囲を見下しがちなのに対して女性アイドルがへり下りがちなのはなんなんだろう。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

iceboat_rider >匿名で扱われる女の人たちの扱いが、いつも好都合なのが気になる。 ↑これ、めちゃくちゃよくわかる。 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

KevinMac14YHM |ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜|武田砂鉄|cakes(ケイクス) 彼らしい=クズっぷりに納得感、も有るので。 https://t.co/VWhYbiQGzV 約2ヶ月前 replyretweetfavorite