佐賀はN.Y.にさらわれちゃうほどキュートなゆるカワ狛犬の宝庫

ヘンな形の目利きにして脱力系エッセイの名手が、丸4年かけて日本各地の路傍から超弩級のゆるカワ神仏323体をスカウトした『ニッポン脱力神さま図鑑』。コロナのせいで出版延期となるも、5月27日にようやく発売! それを祝って、 ゆかいな神さまたちが毎日交代でお出ましですが、日曜日はお休み。代わりに、ニューヨークにさらわれちゃうほどキュートなゆるカワ狛犬がなぜか佐賀周辺に集中しているという謎に迫ります。

こんなにかわいいのに実は練習台だった⁉︎

 肥前狛犬とは、その名の通りかつての肥前の国、佐賀県と長崎県を中心に、福岡県や熊本県の一部にのみ見られる狛犬である。

極端にデフォルメされた
シンプルな形

 一般的な唐獅子型の狛犬と違い、極端にデフォルメされた簡素な造形が特徴だ。

 ほとんどは小型で、高さ30センチに満たないものも少なくない。直線的に立てた前脚とそこから首なしで直結する頭部。そしてその頭部もまるで幾何学的な図形のようなシンプルな表現になっていたり、尾も小さく、四肢の間もくり抜かれていなかったり、全体に彫りが少ない記号化されたような形態は比較的写実的な狛犬のなかにあって斬新である。

 おかげで、私はとくに狛犬好きではなかったのにすっかりファンになり、肥前狛犬探しの旅に出るまでになった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

こんな姿の神仏もありなのか! 超弩級のゆるカワ323体が史上空前の大集結

この連載について

初回を読む
ニッポン脱力神さま図鑑』の今日の神さま

宮田珠己

こんな姿の神仏もありなのか! ヘンな形の目利きにして脱力系エッセイの名手・宮田珠己が、構想・取材に丸4年をつぎ込み、日本各地の路傍から超弩級のゆるカワ神仏323体をスカウトした『ニッポン脱力神さま図鑑』。コロナのせいで延期となる...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tsutsuuryaurya1 じつは国際的な人気の隠れアイドル! 詳しくはcakes連載で。 https://t.co/euS6bqpVpH #ニッポン脱力神さま図鑑 #狛犬 #肥前狛犬 #佐賀 https://t.co/Nx7V3WRKeA 3ヶ月前 replyretweetfavorite