使えるものはちゃんと使わないとね

(前回までのあらすじ)17歳のあかりはとっても毛深い女子高生。あかりの堂々とした振る舞いや、毛を駆使して人助けをする姿に影響された大石は、自らのコンプレックスを克服します。そのコンプレックスとは毛がないこと。カツラを捨てた大石はありのままの姿で授業を受けますがーーー。

※前回のお話は<こちら>からどうぞ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
すごく毛深い女子高生の話

えんがわよう

17歳の毛木(もぎ)あかりはとっても毛深い女子高生。ふさふさの腕毛や脚毛に、凶器にも武器にもなるスーパーロングの髪。コンプレックスをものともせず、明るくて素直なあかりは、誰からも愛されるクラスの人気者。そんあかりのぶっとんだ高校生活を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

jima_gen 単発ものかと思ったら続いている…! んなアホなってとこもあるけど(てか設定からそうなんだけど)読んでしまうww そして、そういう動機なのね毛木…これは刺さるね。 https://t.co/hpwG1yTvQL 2ヶ月前 replyretweetfavorite