コロナと日本の公衆衛生教育

日本人のコロナによる死者が少ない理由には遺伝や免疫説もありますが、日本人の行動が感染拡大を防止した件も注目されています。@May_Romaさんは日本の学校の公衆衛生にその起源があると指摘します。

前回のコラムでは、なぜイギリスを始めとして欧州や北米の人々がコロナ自粛の重要性を理解しないのかについて、子供の頃のしつけに原因の一つがあると書きましたが、 その他に私が思ったのはやはり各国の教育カリキュラムに大きな差があることが大きいということです。

日本とは異なりイギリスを始めとして欧州では体育や理科の時間に公衆衛生やウイルスやバイ菌などに関してあまり教えません。

もちろん進学校や教育熱心な学校であればちゃんと教えるわけですが、全体的に日本に比べますとバイ菌やウイルス、衛生といったことが日常生活の教育に組み込まれていない感じです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
世界のどこでも生きられる

May_Roma

海外居住経験、職業経験をもとに、舌鋒鋭いツイートを飛ばしまくっているネット界のご意見番・May_Romaさん。ときに厳しい言葉遣いになりながらも彼女が語るのは、狭い日本にとじこもっているひとびとに対する応援エールばかり。日本でしか生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

juni_ca_wa_ii 偏執的が行き過ぎるほどに公衆衛生観念が強い。小さい頃から手洗い・うがい叩き込まれる。恐… https://t.co/DgG6sz3qQX 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

May_Roma 新記事。海外と日本の公衆衛生教育の比較→ 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

madimanori 勝因はアンパンマン(面包超人)か。 https://t.co/rMzor0stN1 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

silver0984 めいろまさん第二弾 https://t.co/1osA2Zpw56 約2ヶ月前 replyretweetfavorite