秋田の路傍にぬっと立つデカいブサカワはアマビエさまのお仲間だった

ヘンな形の目利きにして脱力系エッセイの名手が、丸4年かけて日本各地の路傍から超弩級のゆるカワ神仏323体をスカウトした『ニッポン脱力神さま図鑑』。コロナのせいで出版延期となるも、5月27日にようやく発売! それを祝って、 ゆかいな神さまたちが毎日交代でお出ましくださっていますが、日曜日はお休み。代わりに、秋田各地で悪疫退散を願って祀られてきたブサカワな神さまたちの多彩さに迫ります。

秋田各地の村境にはよく
アンバランスな藁人形が立っている

 東北地方には、村の境に藁で作った大きな人形を設置しているところがある。もっとも多いのは秋田県で、ほかにも青森県、福島県、新潟県、茨城県などでも見られるようだ。

藁では精密な表現が難しいため
アンバランスになりがち

 藁で編んだりゴザを被せたりして人の形を精密に作るのは難しい。なので、どの人形も体の形がアンバランスで、妙に手ばかり大きかったり、逆に短かったり、短足だったり顔が異様にでかかったりして面白い。木彫りの面をつけている人形もあるが、この面がまた大雑把だったりして、ついつい見とれてしまう。

 しかもものによっては巨大だから、それが路傍にぬっと立つさまは、田の神や仁王などに比べてもはるかに異次元的である。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

こんな姿の神仏もありなのか! 超弩級のゆるカワ323体が史上空前の大集結

この連載について

初回を読む
ニッポン脱力神さま図鑑』の今日の神さま

宮田珠己

こんな姿の神仏もありなのか! ヘンな形の目利きにして脱力系エッセイの名手・宮田珠己が、構想・取材に丸4年をつぎ込み、日本各地の路傍から超弩級のゆるカワ神仏323体をスカウトした『ニッポン脱力神さま図鑑』。コロナのせいで延期となる...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tsutsuuryaurya1 村はずれにぬっと立つぶさカワには、悪疫も戦意喪失間違いなし! 詳しくはcakes連載で。 https://t.co/633tUFUbCS #ニッポン脱力神さま図鑑 #人形道祖神 #道祖神 #秋田旅行 https://t.co/oFpcqH4VPv 14日前 replyretweetfavorite