自己肯定感のターニングポイント 「小3」と「中1」に要注意!?

子どもの自己肯定感は、進級や進学など環境の変化によっても影響を受けますが、その中でも子どもの自己肯定感が「とくに下がりやすい時期」というものが、大まかにわかっています。放課後NPOアフタースクール代表の平岩国泰さん・著『「自己肯定感」育成入門』より特別連載でお届けします。

過去の調査データから「とくに自己肯定感が下がりやすい時期」というものが、大まかにではありますが、わかっています。それは、「小3」と「中1」です。

東京都が小学生~高校生に対して行った「自尊感情や自己肯定感に関する研究」では、自尊感情についてのアンケート回答を数値化したデータに小学校3年生と中学校1年生の有為の差が見られました。

さらに、「自分への気づき」という項目においても、小3と中1がターニングポイントになっていました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

【発売後たちまち4刷】子どもが12歳になるまでに親が読んでおきたい一冊!

この連載について

初回を読む
子どもの「やってみたい」をぐいぐい引き出す! 「自己肯定感」育成入門

平岩国泰

「やってみたい」「きっとできる」が口グセの子どもはどう育つ? 5万人の子どもと向き合ってきたNPO代表が提唱する新しい子育ての基本。全国の親御さんから大反響の子育て本『「自己肯定感」育成入門』より特別連載でお届けします!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

bookyakan 無料公開は本日まで! ご一読ください。 5日前 replyretweetfavorite

MaxHeart24 親御さんたち、ご存知でしたか?→ 11日前 replyretweetfavorite