効くCMの巻

バンドマンなのに革ジャンが似合わない、ロックバンドのボーカリストなのに肩書以外過剰なところがひとつもない……カッコつけてると思われたくなくてカッコつけられない! 自意識と憧れの狭間で叫ぶ! 2020年5月下旬発売、ロックバンド・フラワーカンパニーズ鈴木圭介の自意識爆発エッセイ集『深夜ポンコツ』から傑作コラムを特別公開!「たとえ今が冬だったとしても、季節は巡る。春はまた来るのだ!」

いつの間にか、CMも過激になったもんだなぁと、ぼんやり思っている。お盆明けのツアー中、仙台のホテルで。わかりやすく過激じゃなく、やんわりと過激になっているような気がする。

ドバ〜ッと過激なら、見ているこっちも、え〜っ!と声を出したり、のけぞったりできるんだが、何気にふわっと過激だったりするからその時は気が付かない。その代わり、あとからボディブローのようにジワジワ効いてくる。

例えば、夏になると毎年必ず出てくる脇の汗を抑えるスプレーや液体のCMがある。あれ、昔はあんなに種類がなかった。あっても8×4とban16の2種類ぐらいだったと思う。今は、もう覚えられないぐらい種類があるし、CMもかなり多い。

それだけ需要があるってことなんだろうけど、若い女の子が脇にスプレーしている映像が普通になってるってすごくない?可愛い顔したお姉ちゃんが脇をウェットティッシュで拭き取る絵。冷静に考えたら、かなりドキドキ映像だと思うけど(俺だけ?)。そもそも、一昔前は、女の子は脇に汗なんてかかないと本気で思ってたし、女の子が脇を見せるって滅多になかった。今はもう、当たり前のように、みんなCMで見せてくれる。あの手のCMは効くよなぁ、と老人のようにぼんやりと思いふけっている。仙台の三井アーバンホテルで。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

絶賛発売中!フラワーカンパニーズ鈴木圭介の『深夜ポンコツ』

深夜ポンコツ

鈴木圭介
左右社
2020-06-08

この連載について

初回を読む
深夜ポンコツ

鈴木圭介

バンドマンなのに革ジャンが似合わない、ロックバンドのボーカリストなのに肩書以外過剰なところがひとつもない……カッコつけてると思われたくなくてカッコつけられない! 自意識と憧れの狭間で叫ぶ! 2020年5月下旬発売、ロックバンド・フラワ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません