渡部建の不倫発覚に高揚している感じ

アンジャッシュ・渡部建が、不倫報道を受けて活動を自粛することになりました。レギュラー10本の人気芸人であり、妻が女優の佐々木希であり、報道された不倫の内容がショッキングだったりと、注目が集まっているこの問題。そんなマスコミの不倫報道のしかたについて、武田砂鉄さんが考えます。

登場人物を勝手に増やして勝手に動かす

「新型コロナとか、安倍政権とか、アメリカ社会とか、やっぱり報じるとなると、もろもろ慎重になるから、よーし、久々に人様の不倫を気持ちよく叩けるぞ!」と、アンジャッシュ渡部建の不倫発覚に高揚している各種ワイドショーを見た。詳細を知れば、お得意の「男ってのはそういう生き物だから」が使えるレベルのものではないとわかり、「芸の肥やし」方面の擁護は出なかったが、「あんなに可愛い嫁がいてどうして?」とか「相方を泣かすな」とか「(佐藤)栞里ちゃんを泣かすな」とか「渡部についていった女もどうなのか」などと、登場人物を勝手に増やして、勝手に動かして、勝手に混ぜ合わせて、マジで最低と騒いでいた。

不倫は当事者間の問題なので、外野がとやかく言うことではないが、記事を読む限り、渡部が複数の女性を道具のように扱い、行為後には金銭を支払っていたケースもあるようだから、不倫という言葉はなじまない。しかしこのところ、「こんな時に厳しく言ってくれた相方」や「不在を感じさせないよう気丈に番組を進行した芸能人」の思いを自由気ままに汲み取り、その人以上に心を動かしたり、怒りを投じたりしている光景を見かける。夫婦のことは夫婦にしかわからない、という当たり前のテーゼを踏み潰すために、とにかく別の要素をつまみ食いする。

「これ何かあると思ってた」などと後で言う
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

singingsugar |ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜|武田砂鉄|cakes(ケイクス) わかりやすくさすがです。 https://t.co/iOBeDv8ySh 3ヶ月前 replyretweetfavorite

lindyh21 すごいしっくり来る、言語化力がすごい > 登場人物を見渡して、「今回は、どの立場に共感するのが共感指数が一番高いか」を探す。 https://t.co/j0suEmTvpF 3ヶ月前 replyretweetfavorite

mashiroshirosuk まじこれな〜 3ヶ月前 replyretweetfavorite

nozomi_nnu 似顔絵のクオリティ…(そこ 3ヶ月前 replyretweetfavorite