文章は【語感】を意識する〜語感を整えて、文章にリズムを生み出す

心が惹かれる文章にはリズムがある。リズミカルに文章を組み立てるには、「語感」(言葉が与える印象)を意識しよう。


Malte Mueller/gettyimages

 文章の構造と、相手の立場に立つ想像力。この二つをまずは押さえる。そして、実際に文章を書き進めていくときに意識すべきなのが「文章のリズム」だ。

 文章に心地よいリズムが生まれると、心が惹かれ、声に出して読んでみたくなる。

 読む相手だけでなく、あなた自身も書くことが楽しくなってくるだろう。

語感が心地よいリズムを生む

 リズミカルに文章を組み立てるときに最も大切なのが、「語感」(言葉が与える印象)である。語感を意識することで、文章はグッと魅力的なものになるのだ。

 語感を整えるテクニックはさまざまだが、その中でも三つを厳選してお伝えしよう。

ポイント①
「一文一義」を心がける。

 文章がダラダラと長いと、読む気がうせる。多くのビジネスパーソンは時間がない。全ての文章を読む暇などないのだ。そのため、一つの文(句点「。」までの文章)の中に、一つの情報だけを入れる「一文一義」を意識すると、文章は一気に引き締まる。

[例]一文に複数の情報が入っている文章
 親の死後、「財産を相続する人」を、「相続人」または「法定相続人」と呼ぶが、それに対し、財産を「相続される人」、つまり亡くなった人を、「被相続人」と呼び、法定相続人は、法律においてその範囲と順位が定められている。

[例]一文一義を意識した文章
 親の死後、「財産を相続する人」を、「相続人」または「法定相続人」と呼ぶ。それに対し、財産を「相続される人」、つまり亡くなった人を、「被相続人」と呼ぶ。法定相続人は、法律においてその範囲と順位が定められている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年12/21号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-12-16

この連載について

初回を読む
伝える! 震わす! 書く力。

週刊ダイヤモンド

現代は、メール一本、プレゼン一発で、仕事の受注や重要事項が決まる。文章の書きかた一つで、会社員としての運命が変わってしまうのだ。もはや、すべてのビジネスパーソンにとって、文章で「分かりやすく正確に伝える力」「相手を動かす力」、すなわち...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません