朝、起きられないから会社には行きません 江戸川乱歩の職業観

何の仕事をするかと同様にいつの時代も悩み多き「どう働くか」問題。自身も経済記者のかたわら『人生で大切なことは泥酔に学んだ』など執筆活動で活躍する栗下直也さんが、偉人たちがどうやって働いてきたかにスポットを当てます。時代や自分に合わせた「働き方」のヒントが詰まった偉人列伝!!!

「飢え死にしちゃうかも」と思ったのだろうか。

平井太郎は第二次世界大戦末期、「転職」を決めた。新しい職は、戦時体制下、食糧の一元的配給を担った食糧営団の福島県支部長だ。関わっていた翼賛壮年団でのコネだ。平井は東京の豊島区に住んでおり、食糧営団理事の横山敬教が壮年団の豊島区団長だった。

誰もが食うに困る時代。コネを使って転職しようが誰にも咎められないだろうが、平井にとっては大きな決断だった。平井の転職は怪奇小説や少年向け作品で知られた作家「江戸川乱歩」という名を捨て、平井太郎に戻ることを意味したからだ。

乱歩は、昭和初期、まぎれもない売れっ子作家だった。昭和6年(1931年)の月収は印税収入と原稿料で5000円。エリート銀行員の初任給が70円、小学校の先生の初任給が50円前後の時代に5000円である。この年、平凡社から全集が発刊されたことが強烈な追い風となっていたが、いかに桁違いに稼いでいたかわかる。

ウハウハだった乱歩の生活を一変させたのが戦争だ。乱歩が書いていた怪奇小説や探偵小説は、いまでいう「不要不急」極まりないものとみなされた。

令和の時代と異なり、「自粛要請」などではなく、トップダウンで白いものも黒くなりかねない時代。娯楽モノは出版界から締め出され、文学はひたすら愛国の宣伝機関になった。犯罪を取り扱う探偵小説は雑誌からは一掃され、世の中の探偵作家は科学小説、戦争小説、スパイ小説、冒険小説などに転じた。

実は、乱歩は昭和14年(1939年)にはすでに当局にマークされていた。内務省図書検閲室には、乱歩の名が大きく貼り出されてあり、最も注意すべき作者の一人として監視の的になっていたという。戦争で両手両足や味覚などを失った夫を妻がひたすら虐げる「芋虫」に代表されるように、乱歩の作品が昭和初期に流行った退廃的な文化の象徴だったとして問題視されたと思うかもしれない。だが、本人が関係者から聞いた話では筆名が米国人のエドガー・アラン・ポーをもじっていたことが大きな理由だったとか。「えっ、そこ」と突っ込みたくなるが、いつの時代も人は中身ではなく、見た目が9割なのかもしれない。

乱歩は海洋冒険小説を書いてみたこともあったが、器用にこなせず、活動の範囲が狭まっていく。雑誌からの依頼は減り、収入はほとんど見込めず、かつて書いた本の印税頼りの生活を送る。

「講談社から出版している少年もの五種、新潮文庫六種、春陽堂の文庫十三種(自から絶版にした前記五種のほかに)などが盛んに版を重ね、十五年度は十四年度の倍、十三年度の三倍にも及んだので、これによって原稿料の収入減を補うことができたのである」(『江戸川乱歩全集』光文社より、以下引用は出典元同じ)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

アクの強い偉人の爆笑泥酔話27。福澤諭吉から平塚らいてう、そして力道山まで。

この連載について

初回を読む
偉人たちの仕事列伝 どのように働くか?それが問題だ

栗下直也

何の仕事をするかと同様にいつの時代も悩み多き「どう働くか」問題。自身も経済記者のかたわら『人生で大切なことは泥酔に学んだ』など執筆活動で活躍する栗下直也さんが、偉人たちがどうやって働いてきたかにスポットを当てます。時代や自分に合わせた...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

granat_san マークされた理由それ……? 3ヶ月前 replyretweetfavorite