一見ソフビ人形風の鹿児島仁王が経てきた痛ましい歴史とは?

ヘンな形の目利きにして脱力系エッセイの名手が、丸4年かけて日本各地の路傍から超弩級のゆるカワ神仏323体をスカウトした『ニッポン脱力神さま図鑑』。コロナのせいで出版延期となるも、5月27日にようやく発売! それを祝って、 ゆかいな神さまたちが毎日交代でお出ましくださっていますが、日曜日はお休み。代わりに、鹿児島のソフビ人形風な仁王どんが耐えてきた苦難の歴史に迫ります。


下半身がクルクル回りそうなソフビ人形風多し

 国東仁王の章でも紹介した石造仁王は、九州に集中的に存在し、なかでも鹿児島県にもっとも多く分布している。 国東半島が仁王の里として広く知られる一方で、鹿児島は県全土に分散しているせいか石造仁王の宝庫であることがあまり知られていない。

全国の石造仁王像の約1/3が集中

 研究書もほとんどなかったが、2018年に石造仁王の研究家である髙野幸司氏が『石造仁王像』を出版し、ようやく鹿児島県の石造仁王について、多くのことを知ることができるようになった。

 髙野氏によれば、島嶼部を除く鹿児島県には178対の仁王と対の欠けた85個体がありその数は合わせて441個体に及ぶという。これは国東半島の306 個体を大きく上回り、全国の石造仁王像の32%を占める。

 国東の20%、宮崎11%、熊本10%と合わせると、全国の76%が九州に集中していることになるそうだ。このなかには鎌倉時代や室町時代に作られたとされる古いものもあるが、銘の残っているほとんどのものは江戸時代前期の作。とりわけ寛文から享保年間をピークに嘉永年間まで制作が続いたとのこと。

パーツ別に作られたものや
破損したものが多い

 鹿児島の石造仁王には、国東とはまた違った個性がある。髙野氏も著書のなかで多くの点を挙げているが、それは後に触れるとして、素人の私にもわかりやすい大きな特徴は以下のふたつだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

こんな姿の神仏もありなのか! 超弩級のゆるカワ323体が史上空前の大集結

この連載について

初回を読む
ニッポン脱力神さま図鑑』の今日の神さま

宮田珠己

こんな姿の神仏もありなのか! ヘンな形の目利きにして脱力系エッセイの名手・宮田珠己が、構想・取材に丸4年をつぎ込み、日本各地の路傍から超弩級のゆるカワ神仏323体をスカウトした『ニッポン脱力神さま図鑑』。コロナのせいで延期となる...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tsutsuuryaurya1 地面からニョキニョキ生えてて、楽しそうに見える仁王さまたち、でも知られざるツライ歴史が! 詳しくはcakes連載で。 https://t.co/AjFfnZXnSK #ニッポン脱力神さま図鑑 #仁王 #鹿児島 #ゆるい#脱力 https://t.co/pCD9cB51jX 21日前 replyretweetfavorite