弾ける辛味がアクセント「実山椒とイワシのサワーサンド」+実山椒の下拵え方法

長い長い外出自粛生活を経て、徐々に元の生活に戻りつつありますが、今度は梅雨入りで気分を晴らしてくれません。今回の馬田草織さんのレシピは、そんな気分を少し変えてくれる弾ける辛味がポイント。爽やかな実山椒のレシピと「緑のワイン」、ぜひおためしください。

cakes読者のみなさま、こんにちは。

長く濃密な自粛生活を経て、新しい生活へ少しずつ脱皮中。ゆっくりと、対面の取材や打ち合わせを再開しています。しかし、最近はマスクが暑くてつらい。猛暑になったら、マスクどうしたらいいんだろう。こんな悩みも、新しい生活の一部ですね。

振り返ると、家に籠って内省する時間が増えた一方で、忙しさゆえにある意味無自覚に関わってきた社会を、俯瞰して見るいいきっかけにもなりました。常に留まることなく流れていた大河の水を一度完全に抜き、結果、川底に溜まっていたものが露呈したような、そんな感じ。で、その結果、気づけたこと、気づいてしまったこと、あるいは気づかないふりをしていたけどもう隠しきれなくなったことなどが、たくさん出てきました。身近なことなら、例えばハンコとか、通勤とか、形式的な会議とか、毎日してるメイクとか、機能していない政界の様子とか。それってなくても困らない、別の方法でいけるんじゃん、などなど。メイクにいたってはしばらくしていなかったので、久しぶりにビューラーでまつげをぐいと上げたら、やけに新鮮な道具に感じました。そして改めて、メイクって本当に面倒です。首突っ込んだら5秒でメイク完了するボックスとか、誰か考えてくれないかな。

一方で、今まで当たり前に思っていたけれど、本当はもっと感謝すべきだったというものもたくさん確認できました。私の場合、そのひとつが学校の給食。子どもの表現を借りれば、給食、まじ神。娘の通う小学校は今週から給食が再スタートしたのですが、本当に、このシステムがどれだけありがたいことか。給食制度を構築し、物理的に関わり維持してくださるすべてのみなさまに、感謝してもしきれません。改めて給食の献立表を見直すと、その豊富なおかずバリエーションはもちろん、栄養面、カロリーバランスまで、なんと細やかに計算されていることよ。学校に給食があることで、子どものみならず、親の心身の健康までも保たれているということがよく分かりました。そんなわけで、家で1日3食作りながら仕事するという過酷なクッキングマラソンも、とりあえず仮ゴール。ああ、給食に関わるみなさま、これからもどうぞよろしくお願いします。何か手伝えることがあったら、いつでも連絡してください、本当に。

そして、気が付けば6月。いつの間にか東京も梅雨入りして、夏が始まってます。蒸し暑くなってくるこれからの時季は、私的にはポルトガルの緑のワイン、ヴィーニョ・ヴェルデの季節でもあり。毎日夕方6時になると仕事のパソコンをそそくさと閉じ、冷蔵庫で冷えたボトルから1本選んで適量グラスに注ぎつつ、グラスに張り付く細かい泡を愛でながら喉を潤すのが、夏の夕刻の小さな儀式です。これから夏が終わるまで、ヴィーニョ・ヴェルデをほぼ毎日飲む私。ということで、この連載でも夏の間、おすすめのヴィーニョ・ヴェルデと、それに合う料理をご紹介していこうと思います。

ところで。ポルトガルでは、6月といえばイワシです。首都のリスボンでは毎年6月12日、13日が聖アントニオ祭、別名イワシ祭で、通りには巨大な炭火焼コンロが並び、塩をたっぷりふったイワシをじゅーじゅー焼いてパンに乗せ、イワシをサンドにして歩きながら食べたり、あるいは通りにテーブルを出し、皿にイワシの炭火焼と茹でじゃがいも、グリルしたパプリカを添え、赤ワインと楽しむ人々が町中に溢れます。そう、イワシの炭火焼には赤を合わせるのがポルトガルの常識。イワシの濃い脂には赤なのさ。お前さんが飲んでるヴィーニョ・ヴェルデの白より赤の方が合うから、ほらこれを飲め、と、レストランで知らない人に勧められたこともあります。今年はこの状況ゆえに祭りは中止だそうですが、せっかくなので今回は、イワシ祭り気分になれるイワシサンドを紹介します。ちなみに、せっかく赤を勧められた私ですが、やっぱり東京に帰ってくると、イワシには白を、それもヴィーニョ・ヴェルデを合わせたくなるのでした。おじさんごめんよ。

そして、6月と言えばヴィーニョ・ヴェルデのほかにあともう一つ。実山椒の季節でもあります。実山椒が出回る時期はほんの一瞬。まさにいま。だから売り場で見かけると、ついつい逃してはならぬと緑の小さな実に手が伸びます。実山椒は梅より仕込みも簡単、というか、茹でて水にさらすだけ。すぱーんと切れのいい辛さや爽やかな青い風味が、じめじめを吹き飛ばしてくれます。ちょっと加えるだけで酒を呼ぶ味にもなるので、重宝。これからの季節、たっぷり仕込んだ実山椒でいろいろ楽しみたいので、今回は実山椒の下処理の方法と、実山椒を加えたイワシサンドをご紹介します。

では、パパッと作っていきましょう。

Menu do dia 本日のメニュー

「実山椒とイワシのサワーサンド」+実山椒の下拵え方法

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ポルトガル食堂

馬田草織

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していく、家飲みも外飲みも楽しむ人へ捧げる至福のほろ酔...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

gohstofcain 今日の夜ご飯はコレ。ポテサラとして食べても超美味しい。 3ヶ月前 replyretweetfavorite

Yuyuyumimimi3 これは美味しそう! https://t.co/4ky4bo6N8f 3ヶ月前 replyretweetfavorite

saoribada オイルサーディンを使ったサンドには、実山椒をプラス。スパーンと弾ける辛さがアクセントになって、緑のワインが進みます。 「実山椒とイワシのサワーサンド」+実山椒の下拵え方法 |馬田草織 @saoribada | 4ヶ月前 replyretweetfavorite