第11回】妻の意識の奥深く

編集作業を終えて戻ったザックですが、ノーラのささやきが頭を駆けめぐり、全く仕事が手につかない様子。その言葉に導かれるようにして、ザックは最愛の妻でありながらも別れの危機に瀕しているグレースとの夜を思い出します。大人の女性に極上の恋愛を届け続けるハーレクイン社の刺激的な新レーベル”エロティカ”より発売中の小説『セイレーンの涙――見えない愛につながれて』の一部をお届けします。

 ザックはパソコンの画面をぶっ続けで見ていた。今夜は書くと誓った、『タイムズ』紙向けの書評の言葉がまったく出てこない。言葉はある。間違った言葉が。ノーラの言葉が。だがザックが必要とする言葉がないのだ。

 “変態じゃないわね” 彼女はザックの耳にささやき、長く放置されている体のあらゆる神経に火をつけた。“ヴァニラでもない……” ノーラ……。なぜ彼女を恐れる人がいるのか、いまになってわかった。僕は彼女を恐れている。僕のあらゆる思考をとりこにする彼女のパワーが恐ろしい。ノーラの近くにいると、ともづなを解かれたような危険な感じがする。それでいて、ニューヨークに来て以来出会った人々の中で、彼女だけが信頼できるような気がする。

 女の意識の奥深く……。彼女の言葉に呼び起こされてあふれるイメージを無駄に食い止めようとした。グレースの白く柔らかな肌。僕の胸に密着する彼女の背中。僕はグレースの手に手を重ね、うなじに唇を当てて彼女の中へ突き進む。グレースの肉体はかつてとても彼に開かれていた。でも意識は? 心は? ザックは首を振り、危険な物思いから抜け出そうとした。グレース。数えきれないくらい愛を交わした人は、何も語らない。そしてノーラ。手もふれたことのない人は、あらゆることを語る。

 ふと思いついて、ファイルを最小化し、グーグルを開いた。ノーラは、まるで奇病の名前を論ずる医師のように、SMの専門用語を口にした。変態性愛については、まったく無知というわけでもない。昔の恋人には、ザックが正常位以外の体位を好むからといって、変態だと責められたくらいだ。SMが何を意味するかはちゃんと知っている—サドマゾヒズム。フランス人はそれを“イギリス人の悪癖”と呼ぶ。それはザックの国の人間が肉体的処罰に異常にこだわるからだ。僕は違う—苦痛を与えるのも受けるのも、可能であればつねに避けてきた。セックスの最中に少し噛む癖がある。グレースはそれがずいぶん好きだったけれど、実際に叩いたり鞭打ったりするのは完全に範疇外だ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
セイレーンの涙—見えない愛につながれて

ティファニー・ライス

大人の女性に極上の恋愛を届け続けるハーレクイン社から、刺激的な新レーベル“エロティカ”が初めて刊行されました。これを記念してcakesでも、“エロティカ”から9月15日に発売された小説『セイレーンの涙――見えない愛につながれて』の一部...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません