なぜこんなにも愉快な仁王さまが国東半島を席巻しているのか

ヘンな形の目利きにして脱力系エッセイの名手が、丸4年かけて日本各地の路傍から超弩級のゆるカワ神仏323体をスカウトした『ニッポン脱力神さま図鑑』。コロナのせいで出版延期となるも、5月27日にようやく発売! それを祝って、 ゆかいな神さまたちが毎日交代でお出ましくださっていますが、日曜日はお休み。代わりに、代わりに、なぜこんなにも愉快な仁王さまが国東半島を席巻しているのか、その謎に迫ります。

普通は恐ろしげなはずの仁王さまが
笑いを誘ってしまうわけは?

 大分県の国東半島は、どういうわけかユーモラスな石造りの仁王像が多くて面白い(本章では周辺の宇佐市、中津市の仁王も取り上げている)。

中世の国東半島は
山岳仏教のメッカだった

 国東半島では、奈良時代から平安時代にかけ、隣接する宇佐神宮の八幡信仰、さらに天台系寺院を中心とした修験道が融合し、六郷満山と呼ばれる独自の山岳仏教文化が発達した。

 一時期には国東半島だけで1000近い伽藍があったというから、相当なブームだったことがうかがえる。

 今でも国東半島を訪ねてみると、天を突く鋭い岩峰があちこちに立ち上がり、ここに修験道が発達したのがわかる気がする。修行中の山伏などがひょっこり現れそうな雰囲気なのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

こんな姿の神仏もありなのか! 超弩級のゆるカワ323体が史上空前の大集結

この連載について

初回を読む
ニッポン脱力神さま図鑑』の今日の神さま

宮田珠己

こんな姿の神仏もありなのか! ヘンな形の目利きにして脱力系エッセイの名手・宮田珠己が、構想・取材に丸4年をつぎ込み、日本各地の路傍から超弩級のゆるカワ神仏323体をスカウトした『ニッポン脱力神さま図鑑』。コロナのせいで延期となる...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません