誰も教えてくれない、ビジネス文章の3原則

「構造」「相手」「語感」の3原則さえ意識すれば、あなたの「書く力」は飛躍的に伸びる。

 「文章」は「料理」に例えると分かりやすい。例えば料理を作るとき、料理のプロが作るような超一流の料理を、一般の人がいきなり作ることは不可能だ。文章においても、夏目漱石や川端康成のような名文をいきなり書くことは難しい。

 では、ビジネス上の文章を書く力はどのように磨けばいいのか。

 実は、学校では誰も教えてくれないが、「書く力」を磨くための原則がある。それは、「構造を意識する」「相手を意識する」「語感を意識する」の3つだ。この3原則さえ押さえれば、「書く力」を飛躍的に伸ばすことができる。

文章と料理の共通点とは

 まずはもっとも大切な「文章の構造」について説明しよう。

 これは「料理の手順」のようなもの。食材や調味料の細かな分量はいったん忘れよう。大事なことは、大まかな手順だ。何を何品、どのように作るか。どういう順番や組み合わせで食卓に出すのか。それを決めずに料理を始めたら大変なことになる。大事なのは「楽しみながら食欲を満たす」という目的だ。そのために「全体の構造をまず考える」ことが必須になる。

 「おかずがすべて肉の揚げ物」「最初にデザートを出して次に白いご飯」。それはおかしいと、ほとんどの大人が半ば常識として知っている。だから、事前にざっくりでも大枠の構成を考えるのだ。

 その上で、肉を焼き、野菜を炒め、ご飯やスープと一緒に並べる。これがまっとうな手順のはずだ。

 文章も同じこと。日本人はついつい細かなテクニックにこだわりがちだが、まずは大枠でもいいので全体像をつかむべきなのだ。それがすなわち「文章の構造」だ。それは「料理の常識」のように、身に付けることができる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年12/21号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-12-16

この連載について

初回を読む
伝える! 震わす! 書く力。

週刊ダイヤモンド

現代は、メール一本、プレゼン一発で、仕事の受注や重要事項が決まる。文章の書きかた一つで、会社員としての運命が変わってしまうのだ。もはや、すべてのビジネスパーソンにとって、文章で「分かりやすく正確に伝える力」「相手を動かす力」、すなわち...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

miya_note 楽しみフォローした。 https://t.co/VStKOtYYy9 3ヶ月前 replyretweetfavorite