糸井重里氏インタビュー「あらゆる『ことば』は、見えない質問に対する答えなんです。」

数々の名作キャッチコピーを世に生み出してきた糸井重里氏。作詞や文筆、「Mother」等のゲーム制作をはじめ、ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」の運営や、「ほぼ日手帳」の販売など、つねに「ことば」や「文章」と向き合ってきた糸井氏に、書くことやコミュニケーションについて語ってもらった。

聞き手・ダイヤモンド編集部、撮影・栗栖誠紀

いとい・しげさと/コピーライターとして、数々のコピーや作詞、文筆、ゲーム制作など多岐にわたる分野で活躍。1998年にウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」を開設した。2016年に株式会社ほぼ日を設立し、社長を務める。2017年には東証ジャスダックに上場。主力商品の「ほぼ日手帳」は年間約80万冊を売り上げている。2019年11月に開業した新生「渋谷PARCO」に2つのスペースがオープンした。

──「書くこと」が苦手と思っている人は多いと思います。メールであれば、文章力や表現力への苦手意識だったり、紙であれば、字が下手で文字を書くこと自体が嫌いだったり。そうした人が書くことを楽しめるようになるコツはありますか。

 まずは文章を書くということを意識しなくていいのではないでしょうか。手帳などに単語をカタコトで書いたり。それなら得意も苦手もないから。たとえば外国に行ったときに、カタコトのことばで成り立ったりするじゃないですか。あれに近いことは書く文章にもあると思う。メモを書いていくうちにだんだんと違うことが見えてきた、書く習慣が身についてきた、ということはよくあります。

 書くことにずうずうしくなればいいんじゃないでしょうか。表現は全部、ずうずうしさがないとダメですよね。カラオケなんかは案外みんな、ずうずうしく歌いますよね。昔はカラオケであまり歌わなかったんですよ、みんな。歌う人が珍しいくらいで。「いいよいいよ」とか言いながら何とかごまかして歌わない人は山ほどいた。でも、一回歌うと気持ち良くなるんですよね。カラオケは明らかに文化を変えた。誰もが人前で表現するようになった。それと文章を書くことも同じじゃないかなあ。

──変に意識せずに、まずは書いてみると。

 ええ。僕の子どもが昔、「おなかがすきました。なにかください。なにかありますか。」という置き手紙をしていて。とても下手な字で書いてあったんだけど、その3行がすっごく気に入ってファイルに入れて取っておいた記憶があります。ゲームの中のキャラクターのセリフにしたり。いい文章ですよね。おなかすいたんだよ。何か食べものが欲しいんだよ。それは絶対、通じるんですよね。

文章の上手下手は一回忘れたほうが
いい文章を書ける

 話すときの声の質やなまり、ことばを文字にしたときの形、すべてが伝わるべきものだし、すべてが伝わるもの。そして、花一輪プレゼントするだけで、ことばよりもいい場合もあります。それもメディア。全体がメディアなんです。

 こういうことを知っていて書くことばは、きれいですよ、きっと。だから、文章の上手下手みたいなものは、実は一回忘れたほうが、いい文章を書けるんじゃないかな。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年12/21号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-12-16

この連載について

伝える! 震わす! 書く力。

週刊ダイヤモンド

現代は、メール一本、プレゼン一発で、仕事の受注や重要事項が決まる。文章の書きかた一つで、会社員としての運命が変わってしまうのだ。もはや、すべてのビジネスパーソンにとって、文章で「分かりやすく正確に伝える力」「相手を動かす力」、すなわち...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

angelmikazuki 感じて、思って、考えて、 https://t.co/u3weHoFB19 5ヶ月前 replyretweetfavorite

miya_note cakesアプリとTwitterアプリの連携がうまく行かぬ。 "ことば数の足りない人を守りたい" 私も守られたいと思うのであった。 https://t.co/2elwTidqt8 5ヶ月前 replyretweetfavorite