嵐の聴きかた

第26回】十組十色のコンビ(萌え)その8 翔潤編

アイドルグループのオタクな楽しみ方のひとつ・コンビ(萌え)。ここまで嵐におけるさまざまなコンビ萌えをご紹介してまいりましたが、最終回で取り上げるのは、櫻井翔くんと松本潤くんの二人。「バンビズ」とも呼ばれるという二人は、他のコンビと比べると密着度が低く、「このふたりは実は仲が悪いの?」と思われてしまうこともあるのですが……。

ゆるくぬるい嵐ヲタ・青井サンマでございます。
今日も独断と偏愛に満ちた嵐話・よろしくお付き合いください。

この回の更新日の翌日9/21から2日間、国立競技場で『嵐フェス』が開催されます。
ファンによる人気投票でセットリストが決まるという、ファン感謝祭的な要素のある特別なコンサート。ファンクラブ会員150万人に対して、この2日間で見られる観客数は14万人です。なんという狭き門……!
私は体調の都合で不参加ですが、11月から12月にかけてのドームツアーにはなんとかして行きたいところです。どうかチケットが当たりますように!!

さて、コンビ(萌え)の紹介も最終回になりました。ファンによる愛で方のひとつの形態ですが、知るともっと嵐を見るのが楽しくなると思います!

では毎度おなじみの組み合わせ表から。名前の交わったところの上段がコンビ名で、下段がその関係性です。

また、きょうだい属性にも注目です。

上の「きょうだい」の段は実際の兄弟姉妹の構成、下の段はそこから導かれる本人の属性です。嵐のメンバーの並び方は、左から年齢の高い順になっています。この各メンバー間の年齢の上下と、兄/弟属性のバランスが、コンビを見ていく上での鍵にもなっています。


翔潤コンビ:密着できない「ガチ」さ

櫻井くんと松本くんの翔潤コンビ。コンビ名は、下の名前をそのまま並べたものですね。
また、櫻井くんがドラマ『木更津キャッツアイ』で、松本くんがドラマ『バンビーノ!』で、偶然にも同じ役名「バンビ」を演じたことから「バンビズ」と呼ばれたりもしています。

このコンビは、並ぶとビジュアル的にハイクラス感が漂いますね。JALの「クラスJ」の広告でも、このふたりがイメージキャラクターを務めました。まぁ、国際線のファーストクラスなどではなく、国内線で1,000円追加すれば座れる席だというところが、なんとも嵐らしいというか品のよい庶民イメージだなと思うところでもあるのですが。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
嵐の聴きかた

青井サンマ

多くのアイドルがひしめきあうこの頃にあっても、安定した存在感をみせる、男性アイドルグループ・嵐。最近では、彼らをテレビでみない日はないけれど、いったいいつの間にこんなに人気になっていたのか? というか彼らの魅力って? 日々彼らに愛ある...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yuri125125125 こんなコラムを発見。読みたいけど有料です。こっちは無料で翔潤コンテンツ提供してるってのに!!!(素人)→ 約4年前 replyretweetfavorite

aoisanma 9/20更新の最新記事はこちらです。→  【10/04 14:37まで無料 】 約5年前 replyretweetfavorite