世界はそれをクロと呼ぶんだぜ

世の女性たちがなんとなく共有する、「ニッポンのおじさん」へのファジーな嫌悪感の正体に迫る本連載。今回は、高感度の高い『鬼滅の刃』『愛の不時着』の主人公たち、そして文春に報じられた幻冬舎の編集者・箕輪厚介氏を手掛かりに、「いい男とは? 悪い男とは?」を分析します。

まずは綺麗な男の話から

 昔は一番汚れたところに一番美しいものがあると愚直に思っていて、だから悪いものや傷のついたものに囲まれている方が良かったのだけど、最近はできれば誰も傷つかない綺麗な庭で子犬と戯れ果実を捥ぐような妄想が弾むし、NHKのアナウンサーみたいな顔が好きになってきたし、昔はいちいち殴りかかりたかったような、お互いを「ぶぅ」とか「にゃんちゃん」とか呼び合っているカップルを見ても目を細めていられるし、多分半分は歳を取ったせいで、半分は疲れているせいなのだと思う。

 そう言えば4年前に死んだ母は、歳をとって癌になってから、「色々なものが怖くなった」と言って、残虐シーンがあるような映画や漫画すら受け付けなくなっていた。別に私は自分の死期は悟ってないけど、米国の友人から日々届く警官たちの無慈悲な暴力も、便乗して略奪を行う一部の暴徒も、各国の新型肺炎による死者数のグラフも、政治家たちの思惑も挑発的な加藤紗里のインスタも、どれも見れば見るほど気が滅入って、細部に神が宿るなんてことすら疑わしく思えてくる。

 というわけで、かつてはわざわざ汚めな街に勇んで入っていったような私も汚いものに惹かれなくなってきたし、ここでも汚い男の話をする前に、とびきり綺麗な男の話でもしたいと思うのだけど、そう言えば最近、私を含めた私の周囲のニッポンのオバサンたちが、竈門炭治郎とヒョンビンに異様な涎を垂らしまくっている。

女が惹かれる『鬼滅の刃』と『愛の不時着』の主人公たち

 炭治郎はアニメから爆発的な人気に火がついた漫画『鬼滅の刃』の主人公で、人食い鬼を退治する鬼殺隊の隊員、つまりは殺傷を生業とする者なのだけど、もともとは炭を担いで山を下り、父親亡き後の家族を養うためにせっせと働き、しかも街では多くの人に愛され、必要とされ、彼自身そんな期待に愚直に応えるタイプ。作品冒頭では妹を守るために自分が囮となって剣士に歯向かっていくような自己犠牲的な一面もあり、勇敢で、努力家で、信念は強いけれども押し付けがましくなく、人の話をよく聞くし、人の事情をよく想像するし、仲間を大切にするし、そもそも漫画なので毛穴や体臭もない。

 ヒョンビンの方は、人気の韓国ドラマ『愛の不時着』で北朝鮮の軍人役にあたる俳優の名前だ。北朝鮮の軍人といえばごくごく勝手なイメージの中では融通がきかず上下関係が厳しく行進が得意のような感じだけど、彼は物腰が柔らかく気品があり、礼節をよく知る。実は超偉い人の息子で、元々は軍人なんてマッチョなもんじゃなくピアニストを目指しスイスまで留学していたおぼっちゃまなのだが、そう言った環境を鼻にかけることなく、前線で地道に活動する。平壌から離れた前線地帯の村での暮らしぶりは極めて質素、料理など超マメで、コーヒーは豆から煎るし、飛び抜けて部下思いで村の口うるさいおばさんたちにも優しいし、こちらもまた自己犠牲的な性格で、正義感は強いけれども独善的ではない。身長は185センチだし。

 と、要は双方見た目も性格も非の打ち所がなく、そんな二人をいきなり並べて男のなけなしの自尊心を踏みにじって申し訳ないけど、男の自尊心を踏みにじるのはいつだって楽しいので先に進むと、必ずしも常に非の打ち所がない男ばかりに惹かれているわけではない複雑な乙女たちがなぜこうも夢中になっているかということに当然興味が湧く。お見合い相手の非の打ち所がない経歴を横目に非の打ち所しかない男に狂って20代を棒に振るのが私たちの特技だし、そもそも、居酒屋で奢ればセクシストだと、逆に奢らなければ甲斐性無しだと罵られ、守ってあげるねと言えば前近代的価値観を説教され、守らず逃げれば男らしくないと未だに白い目で見られる今日の男事情を考えると、正解の男、何ていうものは太らないパンケーキ、というくらい不可能で矛盾した存在になってしまう気もする。

矛盾を超えられる「正解の男」

 おそらくそんな太らないパンケーキを求められる現代において、前出の二人は限りなく正解に近いのだ。女の子の希望は、尊重されたい、でも守ってほしい、と難しく、従来的な「らしさ」でいうところの、お金と腕力と命は引き続き差し出してほしいが、女を黙らせて所有しようとするようなところは綺麗さっぱりアンインストールしてほしい、と、我ながら身勝手でわがままなのである。

 と、この困難な状況の打開策としてこの二つの優れたフィクションは巧妙な仕掛けをもつ。片方は、守るべき女が鬼に殺されかけて鬼の血を浴び、人畜無害な「鬼」に変貌してしまっているし、もう片方の女はパラグライダーの事故で不法入国自体が非常に危険な北朝鮮に不時着してしまっている。つまり「女だから」という女のプライドを酷く傷つける動機づけではなく、彼女たちの、彼女たちのせいではない困難な状況こそが、彼女たちが彼を頼らざるを得ず、また彼が彼女たちを守る理由として目眩しをしてくれるのだ。よって「男の俺が」と言う性差による留保なしに、しかし現場では非常に従来型のヒーローに近い動きで男が女を守る。この、全くプライドの傷つかない「不遇による弱い者扱い」に、私たちが酔いしれない理由など一つもない。彼らはやはり、矛盾を力技で打ち破った、正解の男である。顔も含めて。

 正解の男二人にオバさんたちがハートを鷲掴みにされるのはもちろん、この世が苦界でございまして、現実ではあまりに不正解の男にばかり遭遇するからだ。不正解の男とはすなわち、従来の男らしさの良い所と新しい時代の価値観の良いところを合わせた前出お二組の真反対で、従来的な男の嫌なところと、新しい時代の嫌なところを組み合わせたような生物を指す。

文春に報じられた箕輪氏の言動
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ニッポンのおじさん

鈴木涼美

どこか物悲しく、憎めないおじさん。男にリスペクトされる好感度高い系おじさん。こじらせおじさん。新しい価値観で社会を斬るおじさん。そして日本社会を動かすおじさん。彼らはなぜ〈おじさん〉になってしまったのか。彼らの何が〈おじさん〉たる所以...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Suzumixxx こっちが私の。 https://t.co/R5CX0gLARR 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

GOODBYE_KITTY2 あったあった この記事自体は例のクソセクハラ編集者についての方が主題っぽいけど https://t.co/79Vhlf0c5W 4ヶ月前 replyretweetfavorite

graceemi 面白い https://t.co/UFD26NkZdf 5ヶ月前 replyretweetfavorite

saba_tobiuo なむほど。キメツノヤイバと愛の不時着を読むと、モテそう。だと。 とりま会員登録で門前前前払いくらいまし。 気になったのは、高感度です。ありがとうございます。 https://t.co/2NDZWjuDOq 5ヶ月前 replyretweetfavorite