​キャベツの調理法がふつうの葉物野菜と異なる意外な理由

さまざまなメニューに利用されるキャベツですが、調理法的はどちらかというと大根やカブに近いのだそう。今日ご紹介するのは春キャベツを使った「和風コールスロー」。みょうが、新玉ねぎとあわせてさっぱりとした瑞々しさを味わいます。

キャベツには「春キャベツ」と「冬キャベツ」の二種類があります。実はどちらも年間を通して様々な産地のものを食べることができますが、冬キャベツは甘みと旨味を活かした加熱調理に、春キャベツはやわらかさと瑞々しさを生かし、短時間の加熱、あるいは生食に向いています。今日は春キャベツを和風コールスローにしましょう。

和風コールスロー

材料

キャベツ…1/4個(300g程度)
新玉ねぎ…1/2個(100g程度)
みょうが…3個(50g程度)
塩…重量の2%
米酢…大さじ2
サラダ油…大さじ1

1.キャベツは太めの千切りにする。それを三等分にする。ボウルに移し、さっと洗い、水気をよく切る。新玉ねぎ1/2個は半分に切り、繊維を断ち切るように薄切りに、みょうがは半分に切り、千切りにする。

2.ボウルに1の野菜を移し、重量の2%の塩を振り、全体を和えて20分〜30分置く。

3.しんなりするので何回かにわけてキッチンペーパーなどで絞る。ボウルに移し、米酢、サラダ油で和える。


キャベツの正体

キャベツは不思議な野菜です。植物の葉は普通、光合成をするために広がるものですが、キャベツは短い茎にたくさんの葉が伸び、互いに重なり合った状態。どうしてこんな不思議な形をしているのでしょうか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
おいしい」をつくる料理の新常識

樋口直哉

食の博識、樋口直哉さん(Travelingfoodlab.)が、味噌汁、ハンバーグ、チャーハンなどの定番メニューを、家庭でいちばんおいしく作る方法を紹介します。どういう理由でおいしくなるのか、なぜこの工程が必要なのかを徹底的に紹介し、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kasawasasane キャベツは大根やカブと同じ貯蔵器官、だから調理法も大根やカブに準ずる。びっくり。 https://t.co/sRFVaecVDg 「キャベツが芽の肥大化?確かに芽キャベツは芽って感じがする生えかただったかも…。」と画像検索かけた… https://t.co/QVvjlAxJKA 30日前 replyretweetfavorite

syoujinkankyo キャベツの調理法がふつうの葉物野菜と異なる意外な理由|樋口直哉 @naoya_foodlab | 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

granat_san キャベツの調理法がふつうの葉物野菜と異なる意外な理由|樋口直哉 @naoya_foodlab | 「キャベツの葉は光合成器官ではなく、貯蔵器官」知らなかった……。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

xqo_b キャベツの調理法がふつうの葉物野菜と異なる意外な理由|樋口直哉 @naoya_foodlab | 視点に納得 約1ヶ月前 replyretweetfavorite