第10話 家に蛇がいると幸せになる

現在、文学の世界では何が起こっているのか。そして世界の中で文学はいまどのような位置にあるのか。国境、人種、ジェンダーなどさまざまな枠組みが大きく変わりつつある21世紀にあって、文学はどのように変わろうとしているのか。「21世紀の世界文学」をさまざまなトピックから紹介してゆきます。第10回は、今やヨーロッパ文学の中心となったチェコ文学について。

チェコとの出会い

 チェコを初めて意識したのは、『存在の耐えられない軽さ』じゃないか。ミラン・クンデラ原作のこの映画が大学生の頃すごく流行って、あまりにも気に入った僕は原作まで読んだ。

 プラハの医師と女性が知り合い結婚するが、1968年に民主化を押しつぶそうとしたソ連軍が侵入してくる。いったんはスイスに逃げた二人だったが、結局はチェコに戻り、政府に迫害されながら生き続ける、という話だ。

 まだぎりぎりソ連が存在していたから、当時はすごく昔の話、という感じでもなかった。とはいえ僕は政治の話はそこまで興味がなくて、驚いたのはこの医師がむちゃくちゃにモテまくる、というところだ。

 ダニエル・デイ・ルイスが演じているのだが、人妻の家に忍び込み、「下着を脱いで」と言うと、なんと彼女はパンティーを脱いでしまう! 自分から喜んで! なぜだ。ダニエル・デイ・ルイスが演じているからか。あるいはプラハってそういうところなのか。

 そのころは人生に悩み、恋愛に悩んでいた。だからこういう軽い感じの生き方は衝撃的だった。今ならば、この手応えのなさこそ苦しみだ、とわかるが、大学生の僕にはそんな、想像を絶する境地なんて思いもよらない。

カフカとチャペックの迷宮的世界

 そしてクンデラのおかげでチェコやプラハに興味を持つようになった。読み始めたのは、定番のフランツ・カフカやカレル・チャペックである。カフカは何と言っても『変身』が好きだった。会社員の主人公が朝、目覚めるとゴキブリっぽい虫に変身している。それでも会社に行こうとするが、もちろん行けない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

チェコ新世代女性作家による現代の黙示録

ビアンカ・ベロヴァー,阿部賢一
河出書房新社
2019-04-19

この連載について

初回を読む
世界文学の21世紀

都甲幸治

現在、文学の世界では何が起こっているのか。そして世界の中で文学はいまどのような位置にあるのか。国境、人種、ジェンダーなどさまざまな枠組みが大きく変わりつつある21世紀にあって、文学はどのように変わろうとしているのか。翻訳家として、研究...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kiumtok この中の本を買うためにメモ。 5ヶ月前 replyretweetfavorite